ここから本文です

浜辺美波、新ドラマで名探偵に!安田顕と凸凹バディで謎解きに挑む

11/20(水) 5:00配信

シネマトゥデイ

 浜辺美波が2020年1月スタートの連続ドラマ「アリバイ崩し承ります」で主演を務めることが明らかになった。浜辺は一回5,000円でアリバイ崩しを引き受ける好奇心旺盛な名探偵にふんし、刑事役の安田顕と凸凹バディを演じる。

浜辺美波、無邪気さと大人っぽさのギャップ!【画像】

 原作は、2013年に本格ミステリ大賞を受賞し、2019本格ミステリ・ベスト10の1位にも輝いた大山誠一郎の同名小説。祖父の跡を継いで時計店を営む若き店主・美谷時乃(みたに・ときの/浜辺)が「時計店で働く者こそ、時間にまつわるアリバイ崩しに適任」という信念で、時計修理と平行して事件の真相を解明していく。不思議な時計店を拠点に、刑事たちが解決の糸口すら見つからないアリバイを崩す時乃は「時を戻すことができました。アリバイは、崩れました」と決めゼリフを口にする。

 今回、テレビ朝日の連続ドラマとしては初主演となる浜辺は、2017年の映画『君の膵臓をたべたい』で注目を浴び、今年のNHKドラマ「ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~」では東出昌大とのバディ役でコメディエンヌぶりを発揮した。今後も『屍人荘の殺人』『思い、思われ、ふり、ふられ』『約束のネバーランド』を控える活躍ぶりを見せる。

 出演にあたり、浜辺は「2020年は、私が20歳になる節目の年です。そんな節目の年、最初のドラマがこの『アリバイ崩し承ります』なので、いいスタートを切れる作品になればいいなと思っています。個人的には、20歳になるまでは、たくさん両親に甘えて、お仕事でもやりたいことをやっていけたらいいなと思います」と意気込みを語っている。

 また、その時乃とバディを組むことになる、左遷されてきた警察キャリア・察時美幸(さじ・よしゆき)を安田が演じる。ひょんなことから時計店の裏にある母屋に下宿することになる察時は高いプライドの持ち主だが、葛藤した挙げ句、こっそり捜査情報を流して時乃にアリバイ崩しを依頼し、ブツブツ言いながらも常連になることになる。

1/3ページ

最終更新:11/20(水) 5:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事