ここから本文です

畜産向け汚水処理材 サンケンが開発 炭素繊維セラミックス活用

11/20(水) 6:05配信

中部経済新聞

 グラファイト(炭素繊維)セラミックス製品などの開発・販売を手掛けるサンケン(本社名古屋市守山区志段味クリエイションコア・名古屋内、池下兼明社長、電話052・228・6483)は、汚水処理材「いろとれーる」を開発した。畜産業などで排出される処理水から、窒素や糞尿由来の色素などをエネルギーを使わず、ほぼ完全に除去できる。使用済み処理材の再生利用も可能で、汚染水処理コストの大幅削減を実現する。量産化や性能向上を目指して事業提携先を募集している。

最終更新:11/20(水) 6:05
中部経済新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事