ここから本文です

ベッテルとルクレールのフェラーリ同士討ち……「今起きたのは幸運」とビノット代表が宣言

11/20(水) 12:01配信

motorsport.com 日本版

 F1ブラジルGPの決勝レースでは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールが接触するという、いわゆる”同士討ち”が発生した。チームにとっては最悪とも言える事件だが、フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノット曰く、来季に向けて必要なことを明確にしたという意味で、ふたりの接触はチームにとって”幸運だった”と考えているという。

【動画】フェラーリ同士討ちシーンも……2019年F1第20戦ブラジルGP決勝ハイライト

 キミ・ライコネンの後任として、今季フェラーリ入りを果たしたシャルル・ルクレール。ルクレールは加入直後から速さを発揮し、シーズン序盤からベッテルを苦しめた。その頃からふたりの間には緊張感が高まっていたが、同士討ちという事態はブラジルGPまで発生することはなかった。

 事故は71周で行なわれるレースの66周目に起きた。ルクレールはターン1への突入でベッテルをオーバーテイクすることに成功した。だがベッテルも諦めず、バックストレートで逆襲し、ルクレールの前に立った。しかしターン4の手前でふたりは接触。ルクレールは右フロントタイヤを壊し、ベッテルは左リヤタイヤをバーストさせて、それぞれマシンを止めることになってしまった。

 2019年の初め、ビノット代表はベッテルと新星のルクレールをマネジメントするのは”贅沢なこと”だと語っていた。そしてブラジルGPの時点でも、当時と同じ想いを抱いていると語っていた。

「彼らは両方とも素晴らしいドライバーだ。だからそれをマネジメントするのは、贅沢なことだと確信している」

 そうビノット代表は語った。

「ふたりは共に、本当に良いドライバーだ」

「それぞれにとって、力強いチームメイトの存在は大いに後押しになるし、ベンチマークともなる。彼らが今シーズン中に力強くなっていくのを、我々は見てきた。シーズン後半のセブは、明らかにとても速いしね」

「だから全体としては、贅沢なことだと思う。今回起きたことについてだが、今シーズン中に起きたということは、チームにとっては幸運だったように思う。少なくとも来年に向けて、我々が起こしてはならないことを明確にする、良いチャンスになっただろうからね」

「少なくとも将来に向けて色々なことを明確にするために、今回起きたことは喜ばしいことだとも思っている」


 フェラーリはすでにコンストラクターズランキング2位を確定させているため、ブラジルGPで2台が揃ってリタイアとなったことは、チームにとって大きな痛手とはならない。

 しかしその一方で、ベッテルとルクレールの関係が悪化した状態で来シーズンに突入することは、絶対に避けなければならない。しかもスチュワードは、接触についてはいずれのドライバーにも非はないとの裁定を下したため、その原因についてはチーム内部でマネジメントする必要がある。

 国際映像を見れば、前に立ったベッテルがターン4への進入に向けて左に動き、ルクレールに近づいていったように感じられる。しかしビノット代表は、今回の件で、ベッテルやルクレールを非難するつもりはないと語る。

「その時の動き、そしてその時の間違いは何だったかということを、最終的に認識することが必要なのだ」

 そうビノット代表は語る。

「ドライバーであろうと、エンジニアであろうと、その他どんな仕事をしていようと、ミスを認識することが重要なんだ」

「だからふたりのドライバーにとって重要なのは、何が起きたのかを理解することだと思う。今のようにヒートアップしている時ではなく、マラネロで共に時間を過ごして、何が起きたのか、何が間違いだったのかを理解するんだ」

「私は彼らを責めるつもりはない。彼らが今回のことから認識するんだ」

Scott Mitchell

最終更新:11/20(水) 12:01
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事