ここから本文です

美馬に続き鈴木大地にもフラれ…巨人はFA2連敗が“怪我の功名”に

11/20(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 巨人が球団史上初めて認めたポスティング会見を行ったその日、FA戦線ではまたも苦杯を喫した。

 ロッテからFA権を行使した鈴木大地内野手(30)の楽天入りが18日、発表された。3度交渉を行っていた巨人は、この日の朝に鈴木から入団を断る連絡があったと明かした。

 国内FAの争奪戦で、巨人は負けたことがほとんどなかった。しかし、ロッテを選んだ美馬に続き、今回の鈴木でまさかの連敗である。

 原監督は鈴木について「(引退した阿部)慎之助の穴を埋める。選手層を厚くする。今の巨人に非常に必要な選手」と評価していたが、巨人の二軍関係者は意外にも「これで良かったんじゃないか」とこう続けるのだ。

「昨年FAで獲得した丸はMVPを引っ提げて移籍してきた。リーグ優勝から遠ざかるチームを救える存在だと、誰もが尊敬の念を持って迎えたけど、今年はFA市場にそこまでの大物はいないでしょう。2ケタ勝利1度の美馬に、3割を一度も打っていない鈴木ですから。それでも狙った2人を逃したうえ、15勝を挙げたエース格の山口もチームを去る。青写真が狂ったのは間違いありませんけど、これによって原監督や首脳陣が嫌でも若手に目を向けざるを得なくなったのは事実。美馬や鈴木が取れてたら埋もれたままだった若手が、日の目を見る可能性が出てきたのだから、彼らにとってはむしろラッキーかもしれない。ファーム関係者の間では、そんな話になっているんです」

 これにより、当初「3人」としていた新外国人の補強を「4人」に増員する見通しとなった。その一方、宮本投手チーフコーチはこの日、山口からメジャー挑戦の意向を聞いていたとし、「チームにはマイナスかもしれないけど、彼の夢を後押しするのは幸せなこと。第2の山口俊をつくれれば」と先発枠が1つ空く来季に向け、若手を育成する方針を明かした。相次ぐ補強失敗は、巨人にとってむしろ「吉」と出そうなのだ。

最終更新:11/20(水) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事