ここから本文です

路面電車と自動運転バスが協調、公道実証実験が成功 世界初

11/20(水) 10:30配信

レスポンス

広島大学は、世界初となる路面電車と協調する自動運転バスの公道実証実験が成功したと発表した。

[関連写真]

広島大学は11月17日未明、自動運転バスを広島電鉄が運行する路面電車の軌道敷地内で走行させる実証実験を広島市内で実施した。実験は、モニター参加者を乗せた自動運転バスが一般道から広島電鉄・江波線の軌道敷地内に入り、225メートルの区間を約15km/hで路面電車を追走、舟入川口町電停で路面電車の後ろに停車後、再び一般道に出る形で実施した。

当日は0時10分から4時20分まで、リハーサルを含め計10回実施した。

実証実験は国土交通省の「質の高い交通時代のモビリティの価値の計測手法開発に関する研究」の一貫で、広島地区ITS意見交換会と連携して実施した。

実証実験で使った自動運転バスは車間距離などを感知するセンサーやカメラを装着しており、実証実験で得られたデータやモニターのアンケートを解析し、今後、定時運行・利用者の乗り換えの利便性向上を検討する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:11/20(水) 10:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事