ここから本文です

「今年の頑張りを無駄にしないように」渋野日向子が激動の2019年ラストスパートへ

11/20(水) 17:15配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<大王製紙エリエールレディスオープン 事前情報◇20日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6580ヤード・パー72)>

渋野日向子の手つなぎパッティング練習【動画】

寒さ増すエリエールゴルフクラブ松山を舞台に、明日開幕を迎える「大王製紙エリエールレディス」。オレンジ色のウェアに身を包んだ渋野日向子が、プロアマで最終調整を行った。

暑さも寒さも「好きじゃない」と笑う渋野だが、例年冷え込みの激しい会場では、やはりこんな変化を感じ取った。「アイアンの飛距離が10ヤードほど落ちています。1番手ずらして打っていました」。それでも「ゴルフの感触は悪くない。パットに関してはいい感じでした。何も考えないときは強気で打てて、入ってくれていた」と、前日ショートしがちと話していたパッティングに持ち味が戻ってきた。

先週の「伊藤園レディス」で予選落ちを喫したこともあり、会場入り後は「賞金女王のことは意識していない。自分のプレーを」と話していた渋野。現在、賞金ランキングトップの鈴木愛には約2431万円差をつけられており、この日も「当たり前に差はつけられるよなと思っていた。これを2試合で抜くのは厳しい。自分のプレーをしたい」と、改めて雑念を払うことを強調した。

それでもシーズンの最終コーナーで、賞金女王を争えている現状には満足感もある。「土佐(ヨコハマタイヤ PRGRレディス)から試合に出て、その後2試合連続で予選落ち。そこから、まさか1億円を稼げるとは思っていなかったし、これだけ結果が出るのは想像していなかった」。昨年プロテストに合格し、その後QTからはい上がった今年1年を、こう振り返った。

「気楽に和気あいあい回れると思います。バチバチという感じにはならないでしょうね」と、予選2日間をともにする同級生の勝みなみ、小祝さくらとの同組についても大歓迎だ。「今年頑張ってきたので、それを残り2試合で無駄にはしたくないですね」。ここから2019年の総まとめに取りかかっていく。(文・間宮輝憲)

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:11/20(水) 17:16
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ