ここから本文です

志村貴子「どうにかなる日々」アニメ化!2020年初夏に劇場公開

11/20(水) 20:06配信

シネマトゥデイ

 「放浪息子」「青い花」などの志村貴子のオムニバス漫画「どうにかなる日々」を原作とするアニメーションが、2020年初夏に期間限定で劇場公開されることが明らかになった。原作者による書き下ろしのティザービジュアルと、特報映像も公開された。

【動画】『どうにかなる日々』特報PV

 青春群像劇の名手として知られる志村による原作は、さまざまな恋模様を温かく描くオムニバスショートストーリー集。アニメでは、監督を『あさがおと加瀬さん。』『フラグタイム』などの佐藤卓哉、キャラクターデザインを「山田くんと7人の魔女」「センリツのルシファー ただひとつの始まりの歌」などに携わった佐川遥が担当。アニメーション制作をライデンフィルム京都スタジオが手掛ける。

 アニメ化にあたり、志村は「原作は地味な作品ばかりを集めたオムニバス形式の作品集です。描いてる真っ最中の私は別に地味に作るぞという意気込みで描いてはいないのですが結果的に地味と評されることが多いのです。それなのに数多ある漫画の中から見つけ、アニメにしようと考え、細部に至るまで丁寧に関わってくださったスタッフの皆様には感謝しかありません。そして個人的に気に入っている短編たちをひとつにまとめてくださいました。本当に頭が下がるばかりです。読者の皆様にもご覧いただけたら嬉しいです」と喜びをコメントしている。(編集部・大内啓輔)

最終更新:11/20(水) 20:06
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事