ここから本文です

<向井理>娘を誘拐された父役で、来年1月期「10の秘密」主演 仲間由紀恵、仲里依紗、渡部篤郎ら豪華俳優陣集結

11/21(木) 6:00配信

MANTANWEB

 俳優の向井理さんが、2020年1月スタートの連続ドラマ「10の秘密」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)に主演することが11月21日、分かった。向井さんが、関西テレビ制作の連続ドラマで主演を務めるのは、2012年1月期放送の「ハングリー!」以来、8年ぶり。

【写真特集】今作での仲里依紗のビジュアルは… “出川ガール”堀田茜も!

 仲間由紀恵さん、仲里依紗さん、山田杏奈さん、高島豪志さん、堀田茜さん、河村花さん、遠藤雄弥さん、藤原光博さん、山野海さん、名取裕子さん、渡部篤郎さんといった豪華な俳優陣の出演も発表された。

 「10の秘密」は、連続ドラマ「嘘の戦争」「銭の戦争」、「チーム・バチスタ」シリーズ(いずれも関西テレビ・フジテレビ系)、「チア☆ダン」(TBS系)などを手がけた後藤法子さんがオリジナル脚本で描くサスペンス。向井さん扮(ふん)する、シングルファザーの白河圭太(しらかわ・けいた)が14歳の娘を誘拐される……というストーリー。圭太は、一級建築士の資格を持つ建築確認検査員。妻とは、ある事件がきっかけで離婚。勤めていた設計事務所を辞め、建築検査会社に就職してからは、“娘第一主義”で娘と二人暮らしをしていたという設定。演出は連続ドラマ「僕のヤバイ妻」「結婚できない男」「まだ結婚できない男」「パーフェクトワールド」などの三宅喜重さんが担当する。

 仲間さんは“ある秘密”を抱えている、圭太の元妻で大手建設会社の顧問弁護士・仙台由貴子、仲さんは“ある秘密”を持っている圭太の家の近所に住む保育士の石川菜七子、渡部さんは由貴子が顧問弁護士を務める大手建設会社の社員で、会社の“秘密”を守るため圭太と由貴子に接近する宇都宮竜二、山田さんは圭太の娘の瞳を演じる。

 ◇出演者のコメント

 ・向井理さん

 --このドラマの企画、そして脚本を読まれた時の印象を聞かせてください。

 一つの秘密が明らかになっても、まだほかの秘密が出てくるという迷宮のようなドラマだと感じました。秘密が明らかになっていくにつれ、どんどん台本を読むスピードが速くなってしまい、読んでいるだけでもストーリーに巻き込まれていくスピード感がありました。後半になると、よりスピード感が増していくんだろうなという、あっという間に読み終えてしまうような展開です。とても謎が多いのですが、一度ではなく何度も見直すとよりストーリーに入り込めるドラマになるのではないかと思います。

1/3ページ

最終更新:11/21(木) 6:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事