ここから本文です

サッカー=スペイン、ルイスエンリケ氏が代表監督に復帰

11/20(水) 10:27配信

ロイター

[マドリード 19日 ロイター] - スペイン・サッカー連盟(RFEF)のルイス・ルビアレス会長は19日、ルイスエンリケ氏が同国代表監督に復帰すると発表した。ルイスエンリケ氏は娘の看病のため6月に辞任したが、娘は9月に亡くなった。

ルイスエンリケ氏の後任はアシスタントコーチだったロベルト・モレノ氏が務めていたが、モレノ氏はルイスエンリケ氏が復帰を望んだ場合は譲ると話していた。スペインはモレノ氏の下で2020年欧州選手権出場を決めている。

一部報道では、モレノ氏はルイスエンリケ氏との関係に問題があり、アシスタントコーチには復帰しないと伝えられている。

ルビアレス会長は20年欧州選手権の結果に関係なく、22年ワールドカップ(W杯)終了後までの契約と明かしている。

最終更新:11/20(水) 10:34
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事