ここから本文です

綾瀬はるか「楽しく、そして丁寧に」と抱負語る、杉咲花らとVOGUEアワード受賞

11/20(水) 19:08配信

映画ナタリー

「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019」の授賞式と記者会見が本日11月20日に東京・グランドハイアット東京で行われ、綾瀬はるか、杉咲花らが出席した。

【写真】杉咲花(メディアギャラリー他18件)

「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR」は、スタイル・生き方・美において、雑誌VOGUE JAPANの読者をインスパイアしたヴォーグな女性たちを選出するアワード。

2019年に活躍した人物に贈られる「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019」に、唯一女優として選出された杉咲はシックな青いドレスで登場し「このたびは素敵な賞をいただき、すごく光栄に思っております」と挨拶する。そしてトロフィーをアーティストの清川あさみが手がけていることに触れ「大好きな清川あさみさんのトロフィーをいただけてすごくうれしいです」と笑顔を見せた。また「十二人の死にたい子どもたち」「楽園」という出演作が封切られた2019年の活動を振り返り、「自分が出たいと思っていた作品に出演させていただけたり、憧れていた方とお会いできたりお仕事をご一緒できたりする機会が多くて。願いながらコツコツ続けることがすごく大事なことなんだと、改めて感じることができた年でした。これからも一生懸命がんばります」と語る。

キャリアを通して輝いた人物に贈られる「VOGUE JAPAN WOMEN OF OUR TIME」に選ばれた綾瀬はVOGUE JAPANの創刊20周年を祝福しつつ「このような節目の年に特別な賞をいただき大変うれしく思います」と受賞の喜びをコメント。「これからも女性として、人として、楽しく、そして丁寧に人生を歩んでいきたいなと思っています」と今後の抱負を述べる。20周年にちなみ、20歳の自分へのメッセージを尋ねられた彼女は「そのときなりの気負いや緊張もあったと思うんですけど、今は『全力で楽しんで!』と言いたいです」とはにかんだ。なお綾瀬は2020年1月2日にTBS系ドラマ「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」の放送、2020年6月に劇場版「奥様は、取り扱い注意」の公開を控えている。

この日は「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019」を受賞した片付けコンサルタントの近藤麻理恵、タレントの指原莉乃、シンガーソングライターのリナサワヤマ、「VOGUE JAPAN WOMEN OF OUR TIME」に選ばれた黒柳徹子、モデルの冨永愛、シンガーソングライターの松任谷由実、ファッションシーンで活躍する次世代の女性を応援する「RISING STAR OF THE YEAR 2019」に選出されたモデルの美佳も出席。また俳優の城田優、芸人の渡辺直美がMCを担当した。

最終更新:11/20(水) 19:08
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい