ここから本文です

首都圏にアピール「みえセレクション」 新たに13品目選定 コメ「結びの神」など

11/20(水) 11:00配信

伊勢新聞

 三重県は18日、首都圏にアピールする県の特産品「みえセレクション」として、伊勢市の県立明野高校の生徒が生産した県のブランド米「結びの神」など新たに13品目の選定品を発表した。高校生が生産した商品が選ばれるのは初めて。県が発行する業者向けのパンフレットに掲載する。

 平成24年度から始め、10回目の選定。6月10日から7月12日まで県産品を募り、25品の応募があった。料理研究家や百貨店のバイヤーらが審査し、13品を選んだ。新たに加わった選定品を含めると、みえセレクションは計154品となった。

 この日、県庁で選定品の発表があり、選定された13事業者の代表者らが出席。県雇用経済部の村上亘部長から選定証を受け取った。

 結びの神の生産に取り組んだ明野高3年の阪井裕斗さん(18)は「明野高校の生徒が作ったコメが他の事業者さんの商品と一緒に並んで認定されてうれしい。粒が大きくかむと甘みが増すので、ぜひ食べておいしさを味わってほしい」と話した。

 追加された「みえセレクション」の商品と事業者は以下の通り。

 明高米「結びの神」(県立明野高)▽ビーファーム飲むお酢 柚子(エスパス)▽だし割かん(大田酒造)▽溜まり昆布 熟饌(酒徳昆布)▽しいたけオイル(鈴鹿山麓夢工房)▽黒にんにくレストラン 松阪牛万能たれ(辻製油)▽伊勢角屋麦酒 ヒメホワイト(二軒茶屋餅角屋本店)▽津焙煎珈琲 三重県産はちみつ使用カフェオレベース(富士珈琲)▽紀州みやび鯛ごはんの素(丸寿海産)▽日本酒「宮の雪 山廃仕込 特別純米酒」(宮﨑本店)▽森の番人 ナチュラルウォーター(森と水を守る会)▽作豚~ZAKUBUTAギフトセット(ヤマザキファーム)▽山村牛乳 一合ビン(山村乳業)

伊勢新聞

最終更新:11/20(水) 11:00
伊勢新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事