ここから本文です

四川タレが決め手!大人気中国人ブロガーがオススメする「棒棒鶏(バンバンジー)」【中国の簡単おいしい家庭料理 Vol.2】

11/20(水) 20:04配信

クックパッドニュース

中国で100万人以上のフォロワーを持つ人気ブロガーで料理作家の陳宇慧さん。これまでブログに掲載して話題を集めた「おいしくて簡単な中国の家庭料理」の中から、日本の食卓にもすぐに取り入れられる絶品レシピを厳選してご紹介します。中国の“家庭の味”をぜひ楽しんでみてください♪

■ ■ ■

中国で1年中楽しまれている定番の鶏料理といえば……

こんにちは。陳宇慧です。連載第1回では、中国の定番家庭料理に一工夫を加えた「キャラメル玉ねぎのオムレツ」をご紹介しました。今回は、日本の皆さんもよくご存じの「棒棒鶏(バンバンジー)」をご紹介します。

「棒棒鶏」は、中国四川省の楽山地区から生まれた料理。茹でた鶏肉(ジー)を“バンバン”と棒で叩いてから調理することから、「棒棒鶏」と呼ばれるようになりました。もちろん家庭では叩いて作ることはありませんよ(笑)。

日本では「棒棒鶏」は夏に食べるイメージが強い料理かもしれませんね。が、中国では季節を問わず1年中よく食べられています。ただし、家庭で作るよりも、外食で楽しむことのほうが多いかもしれません。

でも、茹で方にひと工夫をすれば、家庭でも簡単に本格的な「棒棒鶏」が作れます。辛味・酸味・甘味・塩味に加えて、香ばしさ・旨味も楽しめる一品ですから、皆さんもぜひ試してみてくださいね。

汎用性の高い四川タレがポイント!「棒棒鶏」

■材料
鶏ささみ 約250~300g (※鶏むね肉の場合は、1枚を3分割くらいに切る)
長ねぎ 1本
生姜 1片
四川花椒 10粒くらい
セロリ 2本、きゅうり 1本 (※どちらか片方だけでもOK)
塩 小さじ1
砂糖 小さじ1/2
酢 中さじ1
醤油 中さじ1/2
ラー油 小さじ1 (※ゴマ油、またはラー油とゴマ油を混ぜて代用しても可)
練りゴマ 小さじ1~2

■作り方

(1)鶏ささみ(または鶏むね肉)を茹でる
大きめの鍋に水を8分目まで入れて、切った長ねぎ、四川花椒、叩き潰した生姜を入れて沸かします。先にお湯に味付けをしてから鶏肉を茹でることで、臭みを取り、薬味の香りを付けることができます。

1/3ページ

最終更新:11/20(水) 20:04
クックパッドニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事