ここから本文です

太平洋側を中心に晴れるも気温ダウン 北日本は暴風雪に警戒

11/20(水) 6:03配信

ウェザーマップ

 きょう20日(水)は、北日本を中心に冬型の気圧配置が強まる見通し。太平洋側を中心に晴れるものの、きのう19日(火)に比べて気温が下がり、昼間も肌寒く感じられそうだ。また、北日本では日本海側を中心に雪が降る見込み。昼頃までは風が強く吹き、暴風雪となる所もありそうだ。見通しが悪くなるため、交通障害に警戒が必要だ。

太平洋側は広く晴天 東京や仙台は気温大幅ダウン

 きょうは冬型の気圧配置が強まり、太平洋側の広い範囲で晴れる見込み。ただ、上空の寒気が南下するため、日中は気温があまり上がらない予想となっている。最高気温はきのうと比べて低い所が多く、特に仙台はきのうより8℃、東京はきのうより6℃も低くなりそうだ。
 また、大阪や広島、鹿児島など、12月並みの気温になる所もある。北風も吹いて冷たく感じられるため、厚手の上着があると良さそうだ。

北日本は日本海側を中心に暴風雪に警戒 北陸も冷たい雨

 北日本は日本海側を中心に雪が降り、東北北部では大雪となる所もある見通し。また、昼前にかけて西よりの風が強まり、暴風雪となる所もありそうだ。
 見通しが悪くなることによる交通障害や、高波による船舶や沿岸施設への被害に警戒が必要となる。また、北陸でも午前中を中心に雨が降り、海上は大しけに警戒が必要だ。(気象予報士・石上沙織)

最終更新:11/20(水) 6:03
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事