ここから本文です

包囲された香港デモ隊、下水道からの脱出模索

11/20(水) 10:45配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【11月20日 AFP】香港の大学キャンパス内で立てこもりを続ける民主派の抗議デモ参加者の一部は、包囲している警察から逃れようと創意工夫を凝らしている。腕に食品用ラップを巻き、懐中電灯を手に持って下水道からの脱出も模索している。

 警棒を手にした警察がデモ参加者の逮捕を宣言し、香港理工大学(Hong Kong Polytechnic University)キャンパスを包囲してから3日がたつ中、デモ参加者の中にはマンホールのふたを外し、悪臭を放つ下水道に試しに下りる人も出ている。この方法でキャンパスからの脱出に成功したとのうわさが出回っていた。

 一部のデモ参加者は、実行可能性が低く大きな危険を伴うこの脱出方法を話し合う中でマンホールのふたにひもを結び付けた。自由になるため長い間はって移動することを見込み、膝に厚く包帯を巻く人の姿も見られた。

 複数のAFP記者によると、デモ参加者がグループで腹ばいになり、前に進む練習をしている姿もあった。下水道という、見知らぬ場所につながる道を進まないことで一致し、慰め合うように互いに抱き合うグループもあった。

 下水道に下りる準備をしながら地元テレビの取材に答えたデモ参加者の一人は、「(キャンパスの)外の人はわれわれを助けることはできない」と述べ、「それならわれわれはどうしたらいいのか?」と問い掛けた。

 18日夜には一般市民の服装に身を包んだデモ参加者数十人が、ロープで数メートル下の道路まで下りると、急行したオートバイによってすかさず拾われるという救出作戦もあった。警察によると、脱出したデモ参加者とオートバイ運転者のうち37人がその後拘束されたが、多くはそのまま逃げたとみられている。(c)AFPBB News

最終更新:11/21(木) 16:57
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事