ここから本文です

アウディ 新型A1スポーツバック 海外試乗|8年目のフルモデルチェンジで総合力を上げた最小コンパクト

11/20(水) 16:38配信

MOTA

新型A1スポーツバックは理想的なモデルチェンジを果たした

アウディ A1スポーツバックは、同社のラインナップの中でも最もコンパクトなモデルだ。

■安定感&カッコイイを両立した新型A1スポーツバックを見る[フォトギャラリー]

ちなみにアウディにはA1からA8までがあり、ひとつ上にはボディサイズもやや大きめなA3というモデルのハッチバック(A3スポーツバック)とセダンがある(A2は欠番)。
そこで新型に触れているうちに思ったのは、新型は先代に比べパッケージングが向上しており、実用面でA3スポーツバックと迷いながらA1スポーツバックを選ぶ方も増えそう、ということ。
しかしその一方で、デザインの洗練ぶりや的を得た装備の進化・充実ぶりによって、「A1がいい!」と直感的に選ぶ方がいてもぜーんぜん不思議ではない。
つまり、アウディの底辺を支えるモデルとしては、とても理想的なモデルチェンジを果たしたという印象を受けたのだった。

少さなサイズアップで大きなゆとり!

■広々室内を演出する工夫はドアにあり
というわけで、新型A1スポーツバックです。ボディサイズは全長4040mm×全幅1740mm×全高1435mm。先代に対し、全長は55mm長くなり、ホイールベース(前後のタイヤの間の長さ)にいたっては95mmほど延びている。
その恩恵は、特に後席の前後方向のゆとりの拡大で実感ができた。加えて、車幅は先代とほぼ同数値なのに室内の左右方向も広く感じたのが気のせいかと思ったら、インテリアのドアまわりのデザインによってより空間を広く取る方法を採用しているという。
さらに言えば、全高は約3センチ低くなったのに、ヘッドクリアランスはほぼ同等。シートは十分に重厚で、高さを少し調整してもいるようだ。
そしてトランク容量も270Lから335Lにアップ。ラゲッジのスクエアな空間は視覚的にも使いやすそう。さらに後席の背もたれを倒せばその容量も増す。ドイツでは2人分(大と小)のスーツケースをシートを倒すことなく難なく飲み込んでくれた。

車格が上がったかのような存在感を持つ外観に

■「カッコカワイイ」のバランスが変化!?
A1スポーツバックのデザインは初代から“カッコカワイイ”系という印象があり、かつ初代である先代は見るからにコンパクトな姿をしていた。
が、新型は前述のように見た目の印象を大きく変えるほどボディのサイズアップはしていないのに、車格が一つ上がったかのようなサイズアップを錯覚させるほど存在感が増している。先代の「カッコ<カワイイ」から新型は「カッコ>カワイイ」にバランスがチェンジしていると言いたいくらい。
その印象は、フロントマスクの六角形のシングルフレームグリルとその両サイドに大きく開いたサイドエアインレットによって、ボディが低く構える姿勢が強調されていることによるものだろう。グリルの上に薄く刻まれたスリットもユニークだ。

■ワイドな印象を持たせつつ、A1らしさは失わず
またヘッドライトは矢印が外向きに方向を示すようなデザインを採用し、それはリアのテールランプも同様。これらが前後で先代以上の幅広い印象を与えてくれているようだった。
ボディ全体のシルエットは新型でもA1らしさが感じられるのだが、特に後方のCピラーの厚みやテールゲートのガラス下のノッペリとした面の採用などは踏襲されている。そこでどこから見てもA1に違いはないけれど、新しいモデルらしさも存分に楽しめるのではないか。
さらに、カラーバリエーションもカラフルな色が増色されている。ドイツでショールームを見渡すと、ターボブルーという試乗車にも採用されていたブルー色が他のモデルにも採用されていて、トレンドになっているみたい。正直、奇抜だけどカッコイイ。こんなブルーを纏ったA1を選ぶ人が増えて”増殖”ならぬ”増色”したら、街中の風景も変わりそう。

1/3ページ

最終更新:11/20(水) 16:38
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事