ここから本文です

蔦屋家電コンシェルジュが語る「冬こそ空気清浄機」の選び方の4大ポイント

11/20(水) 6:10配信

GetNavi web

空気清浄機というと、花粉が飛ぶ春先に活躍するイメージですが、実は冬でも大きなメリットをもたらしてくれるといいます。その理由とは何なのか、そしてどんなモデルを選ぶべきなのか? そんな疑問を解消すべく、新しいスタイルの家電店として話題の蔦屋家電を訪れ、敏腕コンシェルジュの久保雄一さんに「空気清浄機を冬に使うべき理由」と「空気清浄機の選び方のポイント」「オススメの空気清浄機」をうかがいました!

「空気清浄機の選び方4大ポイント」の詳細を写真で紹介

【紹介してくれた人】
蔦屋家電コンシェルジュ 久保雄一さん

家電メーカーの研究所勤務を経て、2013年、二子玉川 蔦屋家電を展開するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)に入社。現在は蔦屋家電のコンシェルジュとして、空気清浄機をはじめ冷蔵庫から照明まで、「住」にまつわる幅広い家電選びをサポートしています。

【蔦屋家電とは?】
東京・二子玉川にある家電店で、アートとテクノロジー、カルチャーが融合した新しいスタイルが魅力です。書店エリアを核に家電製品や雑貨を販売するコーナーで構成され、豊富な商品知識を持つコンシェルジュがライフスタイルを提案します。

冬場の密閉された部屋では、逃げ場のないハウスダストの除去が必要

花粉を除去する目的で、春先に空気清浄機を稼働させるご家庭も多いと思いますが、実は「冬場も空気清浄機の役割は大きい」と久保さんは語ります。

「近年の住宅は高気密化しており、密閉された室内にハウスダストが逃げ場を失って充満することも。寒さのため換気しづらいと思うので、ぜひ空気清浄機を活用してハウスダストを除去したいところ。また、空気が乾燥して湿度40%以下になるとウィルスが活発化すると言われています。空気清浄機のなかには、ウィルスを除去してくれるものもあるので、ぜひチェックしたいですね。下から空気を吸って上部に吹き上げるタイプは空気を循環させるサーキュレーション効果もあり、暖房効率が高まるメリットもあります」(久保さん)

空気清浄機を選ぶときの4つのポイントは?

空気清浄機とひと言で言っても、各メーカーからさまざまなタイプの製品が発売されています。何を重視して空気清浄機を選べばいいか、久保さんにズバリ聞いてみました!

1/3ページ

最終更新:11/20(水) 6:10
GetNavi web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事