ここから本文です

夏野剛氏「僕が社長なら、すぐにPay PayもLINE Payもやめる」 ヤフーとLINEの経営統合をどう見る?

11/20(水) 9:00配信

AbemaTIMES

 18日、ヤフーの親会社であるZホールディングスとLINEが経営統合で基本合意し、両社の代表による記者会見が開かれた。LINEをイメージした緑のネクタイのZホールディングス川邊健太郎氏は「最強のワンチームを目指していきたい。どうぞ出澤さんお願いします」と、ヤフーをイメージした赤いネクタイのLINE出澤剛氏と握手を交わした。

【映像】「両者とも上手く行ってない」ひろゆき爆弾発言の受け止めは?

 統合を決断した背景について川邊氏は「Yahoo! JAPANではメッセンジャーのサービスが全く提供できていない。それに対しLINEにはすでに国民的なメッセンジャーのサービスがある。一方でLINEのeコマースはそれほど力が入っている事業ではない。それぞれの弱い部分を補い合える、シナジーがあるのではないか」と説明。出澤氏は「双方のデータを適切に利用することによって、今まで以上にひとりひとりのユーザーに寄り添ったサービス、情報をお届けすることができるのではないか。メッセンジャーとECとの連携による新しい価値観、新しいユーザー体験を生み出すことができると考えている」と語った。

■夏野氏「QRコード決済に出ていったのが間違いだった」

 会見でも繰り返し強調された「シナジー」。ところがこの点について「2ちゃんねる」創設者のひろゆき(西村博之氏)は「日本ではQRコード決済自体全然普及していない。LINE Payは300億円を使ったキャンペーンをしている間だけはお客さんがいるが、終わったら使われない。PayPayも100億円を何回かやったが、使われない。あまりうまくいっていない同士が手をつないだら何とかなるだろう、みたいな感じ」と、注目される決済サービスについても厳しい見方を示していた

 実際、スマホ決済領域に関してはPayPayもLINE Payも苦戦している18日現在、PayPayは登録ユーザーが2000万人を突破している一方、来年3月までの営業赤字が345億円(売上高15.9億円)の見通しだ。LINE Payに関しても、524億円の営業赤字の見通しとなっている。

 一方、慶應義塾大学の夏野剛・特別招聘教授は「これは単なる始まり、序章に過ぎなくて、これからが勝負だ」と話す。

 「やっぱり日本のIT業界に最も欠けていたのが今回のような統合だと思う。川邊君も出澤君も創業社長ではない。だからこそできたと思う。オーナー経営者にはこういうことができないし、事実、誰もしたことがない。例えば最近ベンチャーがもてはやされすぎていて、その結果、マザーズに上場した企業の80%以上が初値を下回っている。それでも創業社長たちは辞めない。ヤフーもLINEのように時価総額1兆円を超えるような会社になれば、なおさらトップはそこに座り続けていたい。IT企業はスケールを追うことが重要で、その点、この2人にはスケールを大きくして、すごいサービスを作っていこうという意志があった。だからこそここまでの短期間で合意ができたと思う。“お山の大将になっているファウンダー経営者とは違う”。これからに期待したいと思う。ヤフーは日本で最初に大きく成功したIT企業だ。LINEは最近1番大きく成功した会社だと思う。就職人気企業ランキングには今も昔ながらの日本企業が並ぶが、この新会社が1位や2位になって欲しい。そうなるためにも、どんどん企業がくっつくような動きをしてほしい」。

1/3ページ

最終更新:11/20(水) 9:00
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ