ここから本文です

【2019-20 B.LEAGUE NOTEBOOK 2】 ミニインタビュー:ジョーダン・ヒース(川崎ブレイブサンダース #35)

11/20(水) 11:12配信

J SPORTS

今季から川崎ブレイブサンダースに加入したヒースは、208cmのサイズと非凡な身体能力と機動力、3Pも決められるシュート力が魅力。4試合で2ケタ得点を記録したのは一度ながらも、全試合で12リバウンド以上を記録するなど、ディフェンスでの貢献度が非常に高い。川崎の好スタートに貢献しているヒースに、10月13日の新潟アルビレックスBB戦後に話を聞いた。

Q 開幕からいいスタートが切れたことについてどう感じていますか?
「今日は自分たちの出だしがよく、新潟が追いかける形になったね。いいディフェンスはできていると思う」

Q 川崎と契約する前、Bリーグについて何か情報を持っていましたか?
「なかった。2人ほどこのリーグでプレーした友人がいて、知っている名前がこのリーグにいるということくらいだった」

Q このチームに何をもたらそうとしていますか?
「たくさんのエナジーをもたらすことと、ディフェンスでもオフェンスでもロッカールームの中でも、チームが必要としていることをしっかりやるつもりだ。メンバー全員でそれをできれば、数多くの試合に勝てると思っている」

Q ニック・ファジーカス、マティアス・カルファニと一緒にプレーするラインアップについての印象は?
「トール・ラインナップでプレーすることを気に入っているよ。幸運にも自分たちには機動力があり、複数のポジションをこなせる選手たちがいる。オフェンス面ではマティアスが3ポジション(スモールフォワード)をこなせるから、我々にとってとても貴重だ」

Q 川崎というチームで一番気に入っているところは何ですか?
「だれも大きなエゴを持っていないのが一番気に入っているところ。みんなが一体となってプレーしているし、称賛されるのがだれであろうとまったく気にしていない。このチームでプレーする上で、これがすごく重要なことなんだ」

文:青木 崇

最終更新:11/20(水) 11:12
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事