ここから本文です

森保監督、4失点後のハーフタイムに檄…橋本拳人「闘え、相手よりも走ることを徹底しろと」

11/20(水) 7:07配信

GOAL

日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表をパナソニック・スタジアム吹田に迎え、1-4で敗れた。試合後、先発したMF橋本拳人(FC東京)が報道陣の取材に対応した。

【試合結果】日本vsベネズエラ/キリンチャレンジカップ2019

FIFAランク28位の日本が、コパ・アメリカ2019で8強入りしたFIFAランク26位のベネズエラをホームに迎えた一戦。試合は8分にサロモン・ロンドンにネットを揺らされて先制を許すと、30分、33分にも立て続けに同選手にゴールを奪われて失点。混乱の日本は、さらに38分に4失点目を喫する。迎えた後半、立て直しに成功した日本は69分に山口蛍が1点を返すも、反撃はここまで。2017年12月に行われたEAFF E-1サッカー選手権の韓国代表戦以来となるホームでの4失点で敗れた。

この試合で65分までプレーした橋本は、「本当に不甲斐ない試合でした。流れを変えたかったですが、ずるずるいってしまった。切り替えてしっかり戦えた後半の戦いを前半からできるようにしなければいけなかった」と総括。4ゴールを奪われた前半については、「球際での戦いなど、基本的な部分で相手に上回られてしまった。攻守のバランスや選手の距離感が良くなかった。もう少しうまくポジショニングすれば簡単にはがせる場面も多かったはず」と分析した。

さらに橋本は、「全員がもっとボールに向かう必要があったし、気持ちを見せるべきでした。連続失点して下を向いたことが反省点」と、インテンシティや精神面について再び言及。4失点後のハーフタイムにも森保一監督からチームに檄が飛ばされたようで、「(森保監督からは)基本的な闘うというところや、相手より走ることを徹底してやれと言われました」と強い口調で言われたことを明かしつつ、「選手からも厳しい意見交換がありました。日本を代表しているということ、それぞれが責任感をもって闘うということを話しました。点差関係なく、相手に向かっていく姿勢を強調しようと」と、ハーフタイムの様子についてコメントした。

最後にも、「闘う姿勢を厳しい展開の中でも出していけるように」と強調した橋本。これまで日本代表で出場してきた5試合では全て完封勝利を経験していただけに、今回の惨敗で感じることも大きかったようだ。

最終更新:11/20(水) 12:25
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ