ここから本文です

今冬選ぶべき「きれいめダウン」7選【スタッフの購入アイテムも!】

11/20(水) 16:10配信

magacol

「防寒優先で、オシャレをしている気持ちになれない」「ご近所感が拭えなくて……」「カジュアルにしか似合わない気がする」など、ダウンが苦手という人から聞く悩み。でも、安心してください。今年は、そんな悩みを払拭するきれいめなダウンが豊富。公園遊びや園への送迎、習い事の見守りなど、ママにはダウンに頼りたいシーンがいっぱい。防寒もできて、自分の気分が上がるものが見つかれば、日常が楽しくなりますよね。

1.ENFOLD(エンフォルド)

編集部スタッフも購入したマットなノーカラーダウン

去年ショート丈が人気だった軽量ダウンが、お尻まで隠れる丈になり暖かさがアップして登場。ランダムに入った縫い目がほんのりモード。ノーカラーとネイビーのコンサバ感も相まって、幅広いテイストに対応できます。ノーカラーダウンコート¥56,000(エンフォルド)

2.TOMORROWLAND(トゥモローランド)

え、これダウン?のきれいめ感は、裏地だけダウンのなせる業

ほどよく光沢感があり、セレモニーアウターとしても使える汎用性が高い理想のダウン。表地にハリ感のある素材が使われているので、ダウンにありがちな着ぶくれ問題を解決し、すっきりしたシルエットに。

ウエストを絞れば、よりエレガントな印象に。ベルテッドダウンコート¥46,000(TOMORROWLAND)

3.ATON(エイトン)

ユニセックスのガウンコートはパパと共有もアリ!

ダウンパックではなく、ウールのジャージフリースを内側に使用したシームレスなダウン。ショールカラーと独特のブラウンカラーが洗練された雰囲気。ショールカラーのダウンコート¥14,000(ATON/エイトン青山)

4.JET(ジェット)

予約販売で反響のあったきれいめダウンはリバーシブル

表面はマット、裏面は光沢感のある素材が使用され、両面に撥水加工が施されています。裾部分が紐で調整でき、締めて着るとコクーンシルエットに。色味やシルエット、1枚でいろんな着方が楽しめるダウンです。ダウンコート¥45,000(ジェット ロサンゼルス/JET ルミネ新宿店 ルミネ2)

1/2ページ

最終更新:11/20(水) 16:10
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい