ここから本文です

塊肉のアレンジ法 コストコユーザーの上手な使い方と保存方法

11/20(水) 16:30配信

magacol

大容量でコスパのいい商品が揃う「コストコ」。Mart読者にも愛用者が多く、皆さん上手に利用しています。今回は、朝食を食べに行く感覚でコストコに通っているというMart読者・佐々木さんに、塊肉の使い方と上手な保存方法を教えてもらいました。また、記事の最後では、フードコートのホットドッグの上手な食べ方についてもご紹介しています。

コストコユーザー:神奈川県在住 佐々木麻衣子さん

コストコ歴6年の佐々木さんの行きつけは近所にある金沢シーサイド倉庫店。「自宅近くのコストコには休日の朝に行き、フードコートで朝食代わりにホットドッグやプルコギベイクを子どもとシェアするのが定番です。必ず購入するのは子どもも大好きなお肉。そのお肉をミンチするキッチンエイドもコストコで購入しました」(佐々木さん)

美味しいお肉は常にストック!塊肉は切り分けて美味しく保存

佐々木さんがコストコで必ずチェックするという肉コーナー。「コストコはスーパーより美味しいお肉が揃っているのでオススメです。何かしら購入してストックを切らさないようにしています」(佐々木さん)

カナダ産チルド豚肉 三元豚 肩ロース 真空パック ¥87/100g

カナダ産豚肉の肩ロースが塊の状態で真空パックに。「カット済みの商品もありますが、塊のほうが自分の好みに使い分けられるので使い勝手がいいです」(佐々木さん)

塊肉の切り分け方

まず塊肉を半分に切り分けます。

明らかな脂身部分を切り分けます。残りは脂身が多めの部分を切り分けつつ、脂身が少なめの赤身部分は一口大にカット。

用途別に3つに仕分け。「脂身はミンチ、脂身多めの部分はプルドポークなど、脂身が少なめの部分はポークステーキなどに使い分けます」(佐々木さん)

ミンチには衝動買いしたキッチンエイドが活躍

「ずっと憧れていて、たまたまコストコで安くなっていたので衝動買いしたのですが、脂身部分を投入口に入れ押し込むだけでひき肉ができて重宝しています」(佐々木さん)

ひき肉はミートソースにして保存

「ひき肉とみじん切りの玉ねぎを炒めてトマト缶を投入。塩、こしょうで味を調整すれば、ミートソースが完成します」(佐々木さん)

瓶で密閉保存します

お湯に空の瓶を入れて沸騰したら約5分煮沸します。その後取り出して乾燥させます。

1/2ページ

最終更新:11/20(水) 16:30
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事