ここから本文です

子どもに悪影響じゃないの?「我が子に対しても無口な夫」が不安すぎる

11/20(水) 10:15配信

LIMO

子どもは生後4~5カ月後から喃語が始まり、1歳から2歳の間で急速に意味のある言葉を話すようになると言います。目まぐるしく脳が発達しているこれくらいの月齢から、絵本を読み聞かせたり英語に触れさせたりする親も多いでしょう。1歳3カ月の子どもを持つ筆者も、我が子が親のマネをしないよう、普段の言葉遣いに気をつけ始めています。

しかし、子どもの言語習得の上で重要な時期に差し掛かっている今、筆者には気になるポイントが出てきました。それは夫が無口なことです。今回は子どもの成長とともに不安になっている、喋らない夫について筆者の経験をもとにお話しします。

付き合っていた頃はおしゃべりだったのに…

筆者の夫は、喋らない夫です。質問をされれば答えてくれますが、自らベラベラとおしゃべりをするタイプではありません。

しかし付き合いだした当初はどちらかと言うと、夫がたくさん喋って筆者が聞き役になっていました。しかし、結婚すると役割が一気に逆転。食事中に「今日こんなことがあって」「最近、こんなことを考えているんだ」と自分の近況や考えを積極的に話すのはもっぱら筆者となっています。

夫の喋らない性質は、特に仕事が忙しい時期にはより顕著に。夫は営業職かつ管理職で激務のため、仕事ではクライアントや部下、上司などの相手とずーっと喋っているそう。夫にとって喋ることは労力を要する行為だったのです。付き合っている時も相当に頑張っていたのでしょう。

そのため結婚後は「家ではとにかく休みたい。ゆっくりしたい」と、好きな映画やスポーツ中継を黙ってぼーっと見ているような生活です。食事中もほとんど発言せず、黙々とご飯を食べています。

「行動で示したい」「父親とは距離があってもいい」

しかしいざ出産してみると、筆者の中で一抹の不安が募っていきます。夫が、子どもにさえ話しかけることが一切ないのです。抱っこをしている時でも沐浴をしても、子どもの顔をじーっと見つめて黙々と作業するだけ。生後半年ほどになり、「あー」「うー」と喃語を話すようになってもそれは変わりませんでした。

ついに1歳を過ぎ、「マンマ」「はーい」など言葉らしい言葉を話すようになった頃、夫があまりにも喋らないことに対して「このままでは言語習得だけではなく、父親との愛着形成や明るい家庭の空気感のためにも、無口な夫は子どもにとってよくないのでは?」と不安がピークになりました。

そこで筆者は夫に「いつも家であんまり喋らないけど、子どもとはもっと話そうと思わないの?  無口で暗い家庭になっちゃうよ」と言い、それとなく夫の考えを聞いてみることに。

すると夫は「女の人みたいに子どもと仲良く触れ合ったり話しかけたりするのはやっぱり苦手。普段からぺちゃくちゃ喋ることはできないけど、子どもへのしつけで大事なことはちゃんと言葉で言うし、行動で示すよ」という返答でした。

そして続いたのは「子どもは父親とは距離があっていいんだよ。母親のことを大好きでいれば」という答え。いかにも昭和的価値観を持つ夫らしい返答でしたが、筆者は「やっぱり無口は直してはくれないのか…」と、今後の家庭生活をより不安に思ってしまいました。

1/2ページ

最終更新:11/20(水) 10:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事