ここから本文です

『G線上のあなたと私』波瑠&中川大志の“微妙な距離感”に反響「お互い好きなくせにー!!」

11/20(水) 10:56配信

クランクイン!

 女優の波瑠が主演を務めるドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系/毎週火曜22時)の第6話が19日に放送され、也映子(波瑠)と中川大志演じる理人の“微妙な距離感”にハマる視聴者が続出。「もうじれったすぎて胸が…苦しいぃーーーっ」「お互い好きなくせにー!!モゾモゾするー!!!」など大反響を呼んでいる。

【写真】第6話ラスト、波瑠の手を取る中川大志…2人がかわいすぎる! 『G線上のあなたと私』フォトギャラリー


 也映子(波瑠)は心機一転、婚活サイトも退会し、理人と2人でコンサートの曲決めに勤しむ。ところが、そこに理人に思いを寄せる結愛(小西はる)が現れ、理人は結愛に手取り足取りバイオリンを教え始める。居たたまれなくなった也映子は、カラオケボックスを飛び出す。

 この日は也映子の28歳の誕生日。祝ってくれるのは実家で一緒に暮らす母親だけだった。そして迎えた也映子、理人、幸恵(松下由樹)の3人が久しぶりにそろっての合同練習の日。也映子と理人は言い争いになり、理人の「自分に何もないからって俺と北河さんに執着するのやめてもらえませんか?」という言葉に、也映子は深く傷ついてしまう。そんなある日、バイオリンを新調したい也映子と壊れてしまった弓を修理しに来た理人が、楽器店で偶然遭遇。

 バイオリンは高くて買えず、弓を新調しようと考えた也映子は、防音室で理人にバイオリンを弾いてもらう。目をつぶって理人のバイオリンの音色に聞き入る也映子に、理人は思わず「俺好きかも、あ、バイオリン…」「俺も好きだわ、バイオリン。今わかった。あと…」と何か言いかけるのだった…。

 視聴者からの反響が大きかったのが、也映子と理人の微妙な距離感について。理人が也映子に言いかけた言葉も気になりつつ、理人が弾いた曲のタイトルが「Someone To Watch Over Me(私を見ていてくれる人)」だったことに也映子は号泣。也映子の手を取って歩き出す理人に、ネット上では「んもーっ理人くんと也映子たんの気持ちが近づいていく感じがたまんないなぁぁあああ」「あの2人お互い好きなのに強がっちゃって」「お互い好きなくせにー!!モゾモゾするー!!!」「もうじれったすぎて胸が…苦しいぃーーーっ」などの書き込みが相次いだ。

最終更新:11/20(水) 12:24
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ