ここから本文です

人気の軽自動車はなぜ「オラオラ顔」ばかり? 日本特有の性格が関係する訳とは

11/20(水) 10:10配信

くるまのニュース

「オラオラ顔」が設定される訳とは

 現在、国内新車市場のなかで約4割を軽自動車が占めています。軽自動車は、日本の道路事情などに合わせた専用の規格のため、日本人のニーズに合っていることから、売れるのは当然です。

【画像】どのオラオラ顔が好み?人気軽自動車を比較!(53枚)

 しかし、最近の売れている軽自動車は、いかついフロントデザインの「オラオラ顔」を設定している点が共通していますが、なぜオラオラ顔のクルマは人気になりやすいのでしょうか。

 2019年度上半期(4月から9月)における新車販売での上位3モデルは、ホンダ「N-BOX」(13万6047台)、ダイハツ「タント」(8万8233台)、日産「デイズ」(8万1932台)です。

 以前から売れている軽自動車の条件として、俗に「スーパーハイトワゴン」と称される、全長1700mm以上と背が高く、軽ミニバンとも呼べるような四角いボディのタイプや、日常での利便性において人気の「スライドドア」を搭載しているものが挙げられていました。

 実際に、2019年上半期(1月から6月)では、前出の3モデルのうちデイズに代わって、スズキ「スペーシア」(全長1700mm以上、スライドドア搭載)が加わっていました(デイズは全長1700mm以下、スライドドア非搭載)。

 そんな売れる条件で、上記4モデルに共通するのがフロントデザインの「オラオラ顔」を設定していることです。

 近年は、軽自動車だけにとどまらず、トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」、「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」、日産「セレナ」といったミニバンに威圧的なフェイスデザインのモデルが流行っています。

 それぞれ、N-BOX、タント、スペーシアには「カスタム」と称される迫力のあるデザインやメッキなどの加飾が施されているのが特徴です。また、デイズにも「ハイウェイスター」という標準車よりオラオラ感が強まったモデルを設定しています。

 軽自動車におけるノーマルとカスタムの違いは、ノーマルが親しみやすさや安心感を持たせるデザインであるのに比べ、カスタムではメッキやエアロパーツを使用して、高級感や迫力ある存在感を際立たせたオラオラ系にデザインされることが多いようです。

 フロントグリルはメッキを多用し、押し出し感の強いデザインを表現。また、フロントフォグランプが追加されます。ホイールはアルミになり、グレードによってはワンサイズアップも選択可能。サイドやリアには専用スポイラーが装着されます。

 ボディカラーは複数色用意されますが、モノトーンが基本的となり、室内も黒基調にまとめられ、革皮素材を使うなどして高級感を演出する傾向です。

 価格帯は、ノーマルと比べて20万円から30万円ほど高くなりますが、それでもノーマルよりカスタムの方が人気の傾向があります。

 2019年7月に登場した新型タントについて、ダイハツの担当者は次のように話します。

「タントでは、標準とカスタムの販売比率でカスタムが約60%を占めます。カスタムが人気の理由には、標準仕様と比べて装備を満載にできる点が挙げられます。

 また、標準とカスタムを分けて設定している理由としては、軽自動車はさまざまな年齢層のお客さまが、日常使いなどでお使いになられます。

 そのため、落ち着いた雰囲気を好まれる人や、迫力のあるデザインを好まれる人などそれぞれいらっしゃいますので、ふたつの種類を設定しているほか、多用な純正パーツも展開することで、好みのカスタムも可能にしています」

1/2ページ

最終更新:11/20(水) 14:18
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事