ここから本文です

IMSA:デイトナで連覇狙うドラゴンスピード、LMP2クラスにシーズン全戦参戦へ

11/20(水) 7:40配信

オートスポーツweb

 2018/2019年のWEC世界耐久選手権“スーパーシーズン”で、LMP1とLMP2の計2クラスに参戦したドラゴンスピードは、2020年1月に開幕するIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の新シーズンに、LMP2コンテンダーとしてフルシーズンエントリーする。

【写真】2019年デイトナ24時間で、クラス優勝したドラゴンスピードのLMP2カー

 2019年シーズンは世界選手権のエントリーを見合わせ、ELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズやNTTインディカー・シリーズに注力したドラゴンスピード。アメリカ籍の同チームはこれまでも母国のスポーツカーシリーズのオープニングを飾る、デイトナ24時間に参戦してきたが、2020年は第2戦セブリング12時間以降の6ラウンドについてもオレカ07・ギブソン投入する。

 ドライバーはELMSで同チームのレギュラードライバーを務めるベン・ハンリーとヘンリク・ヘドマンが起用される見込み。ミシュラン・エンデュランスカップで招聘する第3、第4ドライバーについては後日発表される予定だ。

 このクルマは以前、インディアナポリスにあるドラゴンスピードのヘッドクォーターで発表されたように、エラ・モータースポーツのサポートのもとで走ることになる。一方、ドラゴンスピードは4年連続でル・マン24時間に招待されることを目標に欧州での活動を継続させるため、引き続きフランス南部に拠点を置くという。

「IMSAが行ったLMP2クラスのスポーティングレギュレーションとスケジュールの変更したことで、ジェントルマンドライバーのアピールの場として、ELMSと肩を並べるようになった。我々はそれに対して積極的に対応している」と語るのは、チーム代表を務めるエルトン・ジュリアン。

 これにヘドマンが「ミシュラン・エンデュランスカップの4つのレースを、欧州シリーズに参加する僕のスケジュールに加えることに決めた」と付け加える。

「しかし、IMSAでは2020年シーズンからブランズドライバーが必要になったため、僕のお気に入りであるロード・アメリカやラグナ・セカを走ることができなくなってしまったのは残念だね」

 2019年の“ロレックス24”でLMP2クラスウイナーとなったドラゴンスピードの参戦によって、IMSAのLMP2クラスでは少なくとも4台のクルマがフルシーズンのグリッドにつくことになる。デイトナ24時間やセブリング12時間などのロングディスタンスオベントでは、さらにいくつかのチームが加わる可能性もありそうだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:11/20(水) 7:40
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事