ここから本文です

日テレ五輪はしゃべる!明石家さんま&くりぃむ上田&有働アナが中継の顔に

11/20(水) 5:00配信

スポーツ報知

 来年7月に開幕する東京五輪の日本テレビ中継のメイン出演者として、タレントの明石家さんま(64)がキャプテン、くりぃむしちゅー・上田晋也(49)がスペシャルサポーター、フリーの有働由美子アナ(50)がスペシャルキャスターを務めることが19日、分かった。

 経験豊富な3人が、日テレ五輪の顔となる。さんまは2000年のシドニーから6大会連続での夏季五輪中継出演。五輪を知り尽くしており、これまで陸上のカール・ルイス(58)や女子テニスのマリア・シャラポワ(32)を取材してきたほか、今年は史上初の世界選手権金メダルを獲得した新体操のフェアリージャパンとの祝勝会を開催するなど、精力的に活動している。「世界最高峰のバスケットの決勝は楽しみです。陸上の桐生(祥秀)選手とは収録でもご一緒しているし、知り合いでもあるので期待しています」と語る。

 上田も12年のロンドン五輪から冬季、夏季五輪を連続で現地取材しており、今回も満を持しての起用。ロンドン五輪の男子100メートル、ウサイン・ボルト(33)の金メダルのシーンを鮮明に覚えているといい「新国立競技場で、そんな大観衆の中で日本人選手がメダルを獲得することを今から楽しみにしています」と意気込んだ。

 日テレの五輪中継は初登場となる有働キャスターだが、NHK時代から数えると「98年の長野オリンピックから、現地キャスターを務めるのは今回で7回目」という。「全世界のアスリート一人ひとりに、オリンピックに来るまでのストーリーがあって、一番興味あるところなので、それをできる限り多く紹介するために会場に足を運んで取材したいです」と思いを込めた。

 ◆テレビ各局の東京五輪中継布陣

 ▼NHK 嵐(スペシャルナビゲーター)

 ▼テレビ朝日 後日発表

 ▼TBS 安住紳一郎アナウンサー(総合司会)

 ▼テレビ東京 後日発表

 ▼フジ 関ジャニ∞・村上信五、宮司愛海アナ(メインキャスター)、宮里藍(アスリート・メインキャスター)、野村忠宏(オリンピアンキャスター)

報知新聞社

最終更新:11/20(水) 5:00
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事