ここから本文です

古市憲寿氏、沢尻容疑者の逮捕で大河ドラマ撮り直しに「NHKは国民をバカにしていると思う」

11/20(水) 9:21配信

スポーツ報知

 20日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、合成麻薬MDMAを所持したとして警視庁が麻薬取締法違反の疑いで女優の沢尻エリカ容疑者(33)を逮捕したことを報じた。

【写真】12年ぶり「ヤンジャン」のグラビアを飾った沢尻エリカ

 番組では沢尻容疑者が出演を予定していた来年1月スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜・後8時)が撮り直しを決めたとの報道を受け、撮り直すべきか否かをスタジオで議論した。

 小倉智昭キャスターは、「そのまま出してもいいと思う」と話した。その上でコメンテーターで社会学者の古市憲寿氏は「NHKは国民をバカにしていると思うんです。仮に薬物犯罪を犯した人が、沢尻さんが今回大河ドラマに出て悪影響を感じる国民だとかこれで薬物OKだと思う国民はたぶん、ほとんどいないと思う。ほとんどいない人にケアしているってすごい無駄だなと思ってある種、国民をバカにしているからじゃぁ出すのをやめておきましょうっていう論法に見えてしまって、すごい無駄な事をお金をかけてやっているんじゃないかなって見えちゃう」と持論を展開していた。

報知新聞社

最終更新:11/20(水) 13:54
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事