ここから本文です

未上場企業の業績予測に向け、帝国データバンクとゼノデータ・ラボが提携

11/20(水) 10:19配信

ZDNet Japan

 信用調査会社の帝国データバンクと人工知能(AI)を活用した業績予測サービス「xenoBrain(ゼノブレイン)」を展開する企業xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)は11月19日、業務提携契約を締結した。両社は、帝国データバンクが作成する全国40万件以上の未上場企業調査報告書をxenoBrainに取り込んで解析し、未上場企業における将来業績の予測情報を提供するサービスの開発に着手する。

 xenoBrainでは、経済ニュースや決算情報に含まれる過去の経済事象の関わりから企業の利益影響をAIが自動で分析することで業績予測を行う。経済ニュースなどの文章中から意味を把握し構造化データに落とすことで、内容の因果関係を可視化して上場企業の決算短信や有価証券報告書の解析結果と組み合わせる。これにより、経済にまつわる出来事があった際、その前後にはどんな事象が発生し、上場企業の業績がどう変化するのかを予測する。

 提携の背景について、ゼノデータ・ラボは「取引先調査、融資、合併・買収など、さまざまな企業分析シーンにおいて、未上場企業についてはほとんど開示義務がない。そのため、アクセスできる公開情報が非常に少なく、帝国データバンクなどの信用調査会社によるレポートが未上場企業分析における主要な手段として用いられている」と説明する。

 今回の業務提携により、帝国データバンクの40万社以上にわたる未上場企業調査報告書をゼノデータ・ラボの自然言語処理技術で解析し、ゼノブレイン上にある既存の解析結果と組み合わせる。これにより、経済ニュースによる未上場企業の業績予測サービスを2020年春に提供することを予定している。また、ゼノデータ・ラボが解析した未上場企業の将来予測情報を帝国データバンクのサービス上でも提供することも予定している。

最終更新:11/20(水) 10:19
ZDNet Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事