ここから本文です

「Googleアシスタント」、音声ニュースのパーソナライズを開始--まず米国で

11/20(水) 10:44配信

CNET Japan

 Googleは米国時間11月19日、「Googleアシスタント」ソフトウェアに音声ニュースをパーソナライズしてプレイリスト化する機能を提供開始したと発表した。この新機能「Your News Update」は、Googleのアルゴリズムと膨大な量のユーザーデータを利用して、各ユーザーの関心に合わせたニュース記事のフィードを用意する。

 GoogleはYour News Updateを提供するため、The Washington Post、CNN、Fox News、CBS Localなど複数のパブリッシャーと提携した。同機能を利用するには、Googleアシスタントを有効にしたスマートスピーカー「Google Home」やスマートフォンに「play me the news」(ニュースを再生して)と指示すればいい。するとGoogleアシスタントは、ユーザーに合わせて選んだ国際ニュース記事やスポーツの最新情報などを連続して再生する。各ニュースを再生する前には、発行元の報道機関名を伝える。

 Googleアシスタントではこれまでも最新ニュースを再生できたが、一般向けに集約された内容であり、ユーザーがすでにお気に入りに登録した報道機関のみに基づいていた。Googleは今後、ユーザーの個人データを利用して、聞きたがるであろう情報を推測しようとしている。ただしGoogleによると、ユーザーは新旧のニュース形式からどちらかを選べるという。

 Googleの新しい音声ニュースフィードは米国で英語版が提供されている。2020年には他の国でも展開していくという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:11/20(水) 10:44
CNET Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事