ここから本文です

【米国株】ナスダック最高値、小売り不調でダウ下落

11/20(水) 6:25配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 19日の米株式市場では大型ハイテク株が値上がりし、ナスダック総合指数は過去最高値を更新した。一方で予想を下回る小売り大手の業績が重しになり、ダウ工業株30種平均は下落した。

フェイスブックやブロードコム、テスラなどがナスダック上昇をけん引した。住宅用品小売りのホーム・デポは今年2回目となる売上高見通しの引き下げを明らかにし、ダウ採用銘柄で値下がり率トップ。投資家は米中の貿易交渉の展開にも注目。両国は関税措置をどこまで撤回するべきか決める上で、半年前に成立直前で頓挫した合意内容を基準に交渉していることが関係者によって明らかになった。米国債市場では10年債利回りが下げ、1.8%を割り込んだ。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指数は1.85ポイント(0.1%未満)下げて3120.18。ダウ工業株30種平均は102.20ドル(0.4%)安い27934.02ドル。ナスダック総合指数は0.2%上昇の8570.66。米国債市場では、10年債利回りが3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.78%。  ニューヨーク原油先物相場は7週間ぶりの大幅安。市場では米中の貿易交渉で突破口が開かれるのを待ちながら、米原油在庫の増加観測が意識された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物12月限は1.84ドル(3.2%)安の1バレル=55.21ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント1月限は1.53ドル下げて60.91ドル。

ニューヨーク金先物相場は小幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は2.40ドル(0.2%)高い1オンス=1474.30ドルで終了。

原題:Tech Lifts Nasdaq to Record as Retail Drags on Dow: Markets Wrap(抜粋)

Oil Falls Most in Seven Weeks Amid Supply Rise, Trade Impasse(抜粋)

Treasuries Bull Flatten, Hold Gains on Mixed Stocks, Oil Slide(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Vildana Hajric, Claire Ballentine

最終更新:11/20(水) 6:25
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事