ここから本文です

佐藤瞳「サーブレシーブを意識」 中国選手に完勝<卓球・T2ダイヤモンド>

11/21(木) 14:57配信

Rallys

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日~24日>

21日、開幕を迎えたT2ダイヤモンド2019シンガポールでは、女子シングルス1回戦が行われた。日本からは佐藤瞳(ミキハウス)が登場し、王藝迪(ワンイーディー・中国)と対戦した。

【画像】佐藤瞳、香港OP覇者を圧倒

試合はデュースなしの11点制の7ゲームマッチだが、試合時間が24分を超えた場合は5点制のFAST5形式となる特殊なルール下での試合となり、この形式での試合が初となる佐藤はゲームカウント4-1で王を下した。

佐藤が香港OP覇者を圧倒

佐藤の対戦相手である王藝迪は、6月の香港オープンで伊藤美誠(スターツ)や石川佳純(全農)を破って女子シングルスを制している。また中国ナショナルチームではでは馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)や鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)のコピー選手としてもその実力を評価されていた。

試合は1点目から佐藤が積極的に攻撃を仕掛けると、守備でも多様な変化を混ぜて王のミスを誘う。対する王は回転に変化をつけながら、佐藤のミドルにループドライブを集め、甘くなったボールを強打する落ち着いた対応。終盤まで競り合った1ゲーム目は、最後に思い切った攻撃と、相手の強打を粘りながら守り切った佐藤が奪う。

2ゲーム目は王が弾道を高くしつつも、深さを変えながら回転量の多いループドライブで佐藤を揺さぶる。強打で打ち抜かれる場面が増えた佐藤だが、要所で甘くなったサーブをレシーブドライブで攻めるなど、相手にプレッシャーをかけると、終盤で相手の強打をことごとく拾って得点。王はたまらずタイムアウトを取る。重要なタイムアウト明けの1本を奪うと、2ゲーム目も連取する。

試合の主導権を握った佐藤は、続く3ゲーム目も王のループドライブにやや手を焼くも強打を拾い切り、最後にはナックルカットで王の強打をオーバーミスさせる。最後はフォア側への速いバックサーブでサービスエースを奪って、ゲームカウント3-0としたところでFAST5へと突入した。

王手をかけて臨んだ4ゲーム目、王のカット打ちから力みが消え、強打のミスが格段に減ると、王の打球の威力に押された佐藤がゲームを落とす。FAST5ならではのゲーム展開の速さに少し出遅れた印象だったが、5ゲーム目はこれまで通り1本1本粘りのプレーで、チャンスがあると一気に攻めるプレーで最後は王の追撃を振り切った。

試合後のコメント

試合後、自身初めてとなる特別なルールでの試合で「ルールが普段とは大きく違うということで、(王選手に勝てた要因は)サーブ・レシーブを特に意識して、そこで得点できたことが大きかったと思います。(具体的には)試合が競ることが前提で最後の1本で出すサーブをあえて出さずに残しておくことや、最後に出すサーブを効かすために前半で出すサーブの組み合わせをいつも以上に考えました」と勝因を振り返った。

詳細スコア

◯佐藤瞳 4-1 王藝迪(中国)
11-8/11-8/11-10/3-5/5-2

ラリーズ編集部

最終更新:11/21(木) 14:57
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事