ここから本文です

【ロジータ記念】グランモナハートが重賞“で”初勝利!本田正重騎手「成長もしてくれると思うので、また応援して下さい」

11/21(木) 11:32配信

netkeiba.com

 20日、川崎競馬場で行われた第30回ロジータ記念(3歳・牝・重賞・ダ2100m・1着賞金2200万円)は、好位の後ろでレースを進めた本田正重騎手騎乗の6番人気グランモナハート(牝3、大井・福田真広厩舎)がゴール前で抜け出し、後方から追い上げた5番人気リトミックグルーヴ(牝3、川崎・内田勝義厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分19秒1(良)。

 勝ったグランモナハートは、父フリオーソ、母アルファメガハート、その父オペラハウスという血統。通算10戦目での初勝利が重賞制覇となった。

【本田正重騎手のコメント】
「ゴール前は混戦で、最後までわかりませんでしたね。レース前は、ある程度前に出していこうと思っていました。ゴール前は、一旦一番外の馬(リトミックグルーヴ)が前に出たとき、マズいなと思ったんですが、そこから馬が頑張ってくれました。

 (初勝利がS1レースということについて)そうですね。一番いいところで勝ってくれましたね。(厩舎の初重賞について)普段からお世話になっている厩舎なので、嬉しいです。

 これからが大変だと思うんですが、成長もしてくれると思うので、また応援して下さい」

【福田真広調教師のコメント】
「この馬自身これが初勝利で、それが大変嬉しいです。

 (厩舎の初重賞は)まあ、普通の1勝と変わらないですが、大きいレースなので嬉しいですね。

 この馬は、生まれてすぐ、当歳の時から見ている馬で、特に嬉しいです。レース前は、本田騎手と打ち合わせしましたが、その通りに乗ってくれたと思います。馬の出来自体は良かったので、自信を持って見ることができました。

 次走は馬の様子を見て、と考えています。なかなか勝てなくて、ご迷惑をお掛けしましたが、まだまだ強くなっていきますので、応援して下さい」

最終更新:11/21(木) 11:32
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事