ここから本文です

アマゾン「Fire HD 10」レビュー - これ、もはや悪夢のような「採算度外視タブレット」では?

11/21(木) 12:11配信

マイナビニュース

ついにUSB Type-C搭載、性能は30%アップに

他メーカーのタブレットとスペックや価格を比較すると、どう考えても採算がとれているとは思えないのがAmazonのFireタブレット。その最新モデルの10.1インチタブレット「Fire HD 10 タブレット」(以下Fire HD 10)が10月7日に発表、10月30日に販売開始されました。

人気のバトルロイヤルゲーム「荒野行動 - 東京決戦」は快適に動作

本製品を試用した結論は、「すべてのタブレットを駆逐する!」というのは言い過ぎかもしれませんが、たとえ「12.9インチiPad Pro」を持っていても追加購入してもよいのでは? ……というものです。今回はその結論にいたったレビューをお届けしましょう。

処理性能は30%アップ、外部メディアも利用可

Fire HD 10はFireタブレットのなかの最上位モデル。シリーズで唯一オクタコアの2.0GHzプロセッサーを搭載し、2GBのメモリー(RAM)を搭載しています。ちなみに7インチタブレット「Fire 7」はクアッドコアの1.3GHzプロセッサー/1GBメモリー、8インチタブレット「Fire HD 8」はクアッドコアの1.3GHzプロセッサー/1.5GBメモリーを採用しています。なおFire HD 10はプロセッサーを強化したことで、従来モデルより処理性能が30%向上したとのことです。

ストレージ容量は32GBまたは64GB、カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色。つまり全部で6モデルが用意されているわけですね。

ついにUSB Type-Cが載った!

本体サイズは262×159×9.8mm、重量は504g。10.1インチディスプレーは1,920×1,200ドット(224ppi)で光沢(グレア)仕様、ボディー材質は強化プラスチック製です。正直質感はチープですが、逆に多少傷が付いても気にならないというメリットもあります。

2019年モデル最大の個人的進化点はUSB Type-C端子(USB 2.0)が採用されたこと。スマートフォンはUSB Type-C接続が一般的になってきており、これで余計なケーブルを持ち歩かずに済みます。USB Type-C端子以外の端末を追放したいと考えている筆者にとって、最近デジタルガジェットを購入する際に真っ先に確認しているポイントです。

1/2ページ

最終更新:11/21(木) 12:11
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事