ここから本文です

エステバン・オコン、2019年シーズン終了直後にルノーF1加入。アブダビタイヤテスト参加へ

11/21(木) 12:54配信

motorsport.com 日本版

 ダニエル・リカルドのチームメイトとして、2020年からルノーに加入することが決まっているエステバン・オコン。現在彼はメルセデスのリザーブドライバーを務めているが、2019年シーズンの最終戦アブダビGPの翌日、12月2日(月)にルノーに正式加入することが分かった。

【写真】2018年ブラジルGPで口論するフェルスタッペンとオコン

 彼はその後、2020年に向けたピレリのタイヤテストに参加し、12月3日(火)と4日(水)にルノーのステアリングを握る。

 なお、オコンはアブダビGPの予選日まではメルセデスのリザーブドライバーとしてチームの不測の事態に備えることとなる。また、来季以降も引き続きメルセデスによるマネージメントを受ける。

 オコンにとって初のF1ドライブは、現在のルノーの前身であるロータスF1チームからで、2014年のアブダビGPのFP1で『E22』をドライブした。また、旧型のマシンを使ってプライベートテストやデモ走行なども経験している。また最後にF1マシンをトラックで走らせたのは、今年の10月にフランスのポール・リカールで行われたタイヤテストである。彼はそこでメルセデスの2019年マシン『W10』をドライブした。

 リザーブドライバーであるオコンを失うメルセデスは、ハミルトンがスポンサーであるペトロナスのプロモーション業務でタイヤテストを欠席するため、その代役としてウイリアムズのジョージ・ラッセルを起用するのではないかと見られている。そうなれば、2020年からのウイリアムズ加入が濃厚なニコラス・ラティフィがより多くの走行機会を得られることになりそうだ。

Adam Cooper

最終更新:11/21(木) 12:54
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事