ここから本文です

鹿児島県総合体育館建設地 屋内スポーツ競技団体が知事に要望書提出

11/21(木) 19:45配信

KTS鹿児島テレビ

鹿児島テレビ

鹿児島県の新しい総合体育館の建設候補地について、県庁東側への建設を求めている屋内スポーツ競技団体が、21日、三反園知事に要望書を提出しました。

要望書を提出したのは、17の屋内スポーツの団体で組織される鹿児島県屋内スポーツ競技団体です。

21日、幹部ら8人が県庁を訪れ、増留貴朗代表世話人が三反園知事に、県庁東側の土地に体育館建設を求める要望書を提出しました。

要望書では県庁東側を選んだ理由として「交通や宿泊の利便性」や「周囲のスポーツ施設との一体化」などが挙げられています。

増留代表によりますと三反園知事は要望に対して「趣旨は理解した。できる限り早期に整備するよう努力したい」と回答したということです。

鹿児島県の新しい総合体育館の建設を巡って、三反園知事は去年6月、鹿児島中央駅西口の工業試験場跡地が最適地としましたが今年の9月議会で撤回。

鹿児島県は新たな建設候補地を、県有地である県庁東側の土地と農業試験場跡地から一つに絞り、今月28日から始まる12月定例県議会で表明するとしています。

鹿児島テレビ

最終更新:11/21(木) 19:45
KTS鹿児島テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事