ここから本文です

「世界の都市ランキング」東京は3位 ~1位、2位はどの都市?

11/21(木) 12:10配信

ニッポン放送

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(11月20日放送)に作家・ジャーナリストの河合雅司が出演。「世界の都市ランキング」の結果について解説した。

「経済」では北京に抜かれた東京

森ビル系のシンクタンクが発表した「世界の都市総合力ランキング2019」で1位はロンドン、2位はニューヨーク、東京は4年連続で3位だった。ランキングは世界の主要48都市を対象に調べたもので、「経済」「研究・開発」「文化・交流」「居住」「環境」「交通・アクセス」の6つの分野、合計70の指標で比較したもの。東京は「研究・開発」で3位、「経済」と「文化・交流」で4位をマーク。一方で「居住」は11位、「環境」は23位と課題を残した。

 

【総合ランキングトップ10】
1.ロンドン
2.ニューヨーク
3.東京
4.パリ
5.シンガポール
6.アムステルダム
7.ソウル
8.ベルリン
9.香港
10.シドニー

 

森田耕次解説委員)森ビル系のシンクタンク、森記念財団によりますと、このランキングは世界の主な48の都市を対象に算出したものです。「経済」「研究・開発」「文化・交流」「居住」「環境」「交通・アクセス」の6つの分野を比較したということですが、東京は4年連続で3位。1位はロンドン、2位はニューヨーク、4位のパリなど、上位の10都市に変動はありませんでした。東京は2020年のオリンピック・パラリンピックを前に、ホテルの客室数が増えるなどして「文化・交流」の指標で高い評価が相次いだのですが、GDP(国内総生産)の経済の成長率が3位から4位に後退したようですね。

河合)このランキングを毎年見ているのですが、いまは国際都市間競争の時代と言われていて、各国の首都は国際や環境などの面で魅力的になって行かないと、国力が損なわれてしまうということです。東京は日本の顔ですので、今回は経済的な陰りが出て来たということもあり、成長率や世界の有力企業の数が、北京に負けたという話になっているようですね。

森田)経済面が北京に抜かれて、4位に落ちてしまったと。

1/2ページ

最終更新:11/21(木) 12:10
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事