ここから本文です

<速報>松山英樹が首位と1打差で後半へ 単独首位は谷原秀人

11/21(木) 11:49配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ダンロップフェニックストーナメント 初日◇21日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>

あれ、ここは米ツアー!?松山英樹&キャメロン・チャンプ【写真】

「ダンロップフェニックストーナメント」の第1ラウンドが行われている。2014年大会覇者の松山英樹が今年も参戦し、現在2アンダー・2位タイで後半に突入している。

松山はインスタートの10番から連続バーディで好スタートを切ると、12番でボギーをたたいたが16番パー4では2打目を1.5mにつけて再びバーディ。17番パー3で7mのパーパットを沈めてガッツポーズを決めるなど見せ場を作り、前半を3バーディ・1ボギーの「33」でラウンド。現在首位とは1打差となっている。

3アンダー・単独首位には谷原秀人。現在賞金ランクトップの今平周吾は松山と同じく2アンダー・2位タイにつけている。

松山と同組で回っている米ツアー1位の飛ばし屋キャメロン・チャンプ(米国)は、トリプルボギーを叩くなど苦戦。4オーバーで後半に突入した。

前週に2週連続の予選落ちを喫した石川遼は、松山の一組後ろでラウンド。1オーバー・31位タイでプレー中となっている。

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:11/21(木) 11:49
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事