ここから本文です

【K-1】林健太が外敵・金子大輝に「K-1を背負って倒す」王者らしさ見せると宣言

11/21(木) 18:51配信

イーファイト

 11月24日(日)横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~』。同大会の「スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R」で金子大輝(25=K-1ジム大宮チームレオン)と対戦する、第3代K-1 WORLD GPライト級王者・林健太(25=FLYSKY GYM)のコメントが主催者を通じて届いた。

【フォト】王者のベルトを巻いた林。共にK-1で活躍する兄弟やラウンドガールらと記念写真

  ミャンマーラウェイ王者の金子に関して「ミャンマーラウェイ? 聞いたことはあるけどって感じでした。素手・頭突き&ヒジ打ちOKというのは知っていましたけど、映像は見たことがなかった。喧嘩強い系の人なんかなと思ってたら全然そんな風には見えないし。どんな試合になるか全く予想がつかないっす(笑)」と未だかつてない相手との対戦となった。

 素手で戦うラウェイ王者に対して「グローブをつけた自分のパンチがちゃんと効くのかな」と懸念しつつも、「僕も自分のパンチ力には自信を持ってるので、しっかりKO出来たらなと思いますね」と自慢の拳でKOするつもりだ。

 予想のつかない戦い方をしてくる可能性もあるが、「自分はもともと相手がこう来たからこう戦うってタイプじゃないので。前進し続けるタイプやから怖さはないですね」と圧力でねじ伏せるという自身の強みを活かして戦いたいところだ。

 前回の大阪大会ではダウンを奪われた後に逆転のKO劇を演じた林。「(今回は)盛り上がるだけじゃなく内容もこだわって。前回の試合は僕が先にダウンを取られて息子を泣かせちゃったので、息子を泣かせないように、しっかり戦って無事にKOで勝ちたいなと思います」と危なげなく金子を倒すことができるか注目だ。

 さらに、「(自分は)両手(パンチ)の2つの武器しか使ってないです。自分はまだ4つの武器で戦えていないので、もっとパンチと蹴りを混ぜた試合が出来るように練習しています」と大阪で対戦したデミルカプを見て、自身の課題はパンチと蹴りのバランスであると分析している。

 林は内容が問われるのがK-1のチャンピオンだという自覚があるようで「K-1チャンピオンらしい試合をせなアカンと思っていたところに外敵が来て。誰が相手でも自分が思うことは一緒なので、K-1チャンピオンらしく、しっかりK-1を背負って倒したろって思いますね」とK-1を背負って戦うと宣言。

 横浜の大舞台に「格闘家としてこんな大きい舞台で試合できるような立場まで来たと思うからこそ、不安定なチャンピオンのままでおったらいけないし、チャンピオンらしい内容の試合を見せていかなって思いましたね。今までの“盛り上がればいい”じゃなくて、次はしっかり内容にもこだわってチャンピオンらしい姿をみんなに見せたいです」と意気込んだ。

最終更新:11/21(木) 19:50
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事