ここから本文です

「麒麟がくる」後任の川口春奈 沢尻エリカとは浅からぬ「因縁」があった!?

11/21(木) 18:44配信

J-CASTニュース

 女優の川口春奈さん(24)が、2020年放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の濃姫役を務めることが、2019年11月21日夕方に発表された。

【画像】当時のブログ記事

 同役は女優の沢尻エリカ容疑者(33)での撮影がすでに進んでいたが、16日の逮捕を受け、代役探しが急務となっていた。突如として大役を射止めた川口さんだが、実は、沢尻容疑者とは浅からぬ「因縁」があった――と面白がる声が、ネットの一部で上がっている。

■「謝罪の王様で沢尻の物まねしてたやーん」

 その舞台となったのが、2013年に公開された映画「謝罪の王様」。主演の阿部サダヲさんが「謝罪師」なる職業で登場し、「究極の謝罪」を通じて世の人々を難局から救い出すというコメディーだが、川口さんはこの映画に「清純派女優」という役名で出演。映画の舞台あいさつに金髪のカツラで登場し、悪態をつきながら「別に......」とつぶやくシーンで登場していたのだ。

 そのためか、このシーンを思い出したとするツイッターユーザーからは、「代役が川口春菜w謝罪の王様で沢尻の物まねしてたやーんw」といった反応が続々。ほかにも、

  「ご縁というのは何処に転がってるか分からんねぇ」
  「NHK関係者はこれを知ってて呼んだのか、知らずに決めたのか」
  「NHKは絶対に狙ってると確信した 沢尻の尻拭い」

と、その偶然性(?)を面白がる声が上がっている。

 なお、2013年9月30日には川口さんの公式ブログで、マネージャーからの書き込みとして、「映画『謝罪の王様』に、本当にちょろっと出てるのですが、まさかの映画のスポットでも使って頂き...」と同シーンに言及するエントリーが、出演中の仮装姿と共に投稿されている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

最終更新:11/21(木) 19:14
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ