ここから本文です

GSOMIA 日本の変化なければ23日終了=韓国外相

11/21(木) 15:32配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は21日の国会外交統一委員会で、23日午前0時に失効する日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、「日本の態度に変化がない限り終了する」と答弁した。

 GSOMIAの終了を一定期間、先延ばしする必要があるとの指摘には「日本の(対韓)輸出規制は不当で報復的であり、信頼を損ねる措置だった」として、「日本の変化がなければ決定を変える状況ではないと思う」と述べた。

最終更新:11/21(木) 16:29
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事