ここから本文です

ニンテンドーやポケモン、AR……! 11月22日にリニューアルオープンする「渋谷パルコ」はちょっとしたテーマパークだった

11/21(木) 19:05配信

ねとらぼ

 11月22日にリニューアルオープンする渋谷パルコ。以前と同じ場所ではあるものの、ビルの建て替えを伴った大規模なリニューアルです。新しくなった渋谷パルコは、ハイブランドからサブカルチャーまでさまざまなコンテンツが入り乱れる場所になっています。ねとらぼ編集部では、一足早く中をのぞいてきました。

【画像】窓の全面に描かれた「AKIRA」のアート

Nintendo TOKYO (6F)

 新しくなった渋谷パルコには、初出店や新業態の店舗が軒を連ねています。中でも注目なのは、任天堂の初のオフィシャルショップ「Nintendo TOKYO(ニンテンドートウキョウ)」。任天堂のゲームの人気キャラクターが飾られた広い店内には、ゲームのデモプレイコーナーが設けられていたり、一歩足を踏み入れるだけでわくわくするような雰囲気でいっぱいです。

 店内のアイテムも、ここでしか買えないものばかり。スーパーマリオのイラストがポップなTシャツやパーカなどのアパレルアイテムから、どうぶつの森のかわいいキッチンアイテムまで、さまざまな種類のオリジナルグッズがそろっています。

 「Nintendo TOKYO」のある6階フロアは「CYBERSPACE SHIBUYA」と銘打たれており、ゲームやデジタルコンテンツ、キャラクターをテーマにしたショップが出店しています。

Nintendo TOKYO × ポケモンセンターシブヤ コラボの限定アイテムが登場

 「Nintendo TOKYO」の向かいにあるのは、「ポケモンセンターシブヤ」。この2店では、コラボレーションしたアイテムも販売されています。

 ドット絵で描かれたマリオをよく見てみると……ポケットモンスターのフィールドが! 「Nintendo TOKYO」では、マリオのフィールドでできているピカチュウたちのアイテムが販売されています。考えた人天才か……と思わざるを得ない良いデザインのスペシャルグッズは、渋谷パルコでしか手に入らない限定アイテムです。

ポケモンセンターシブヤ (6F)

 「ポケモンセンターシブヤ」の入り口には、培養管の中に入ったミュウツーが鎮座。まるでテーマパークのようです。

 「ポケモンセンターシブヤ」では、渋谷という土地からインスピレーションを受け、ストリートアートの「グラフィティ」をモチーフにした限定グッズを販売しています。

 ポケモンをテーマにしたグラフィティの総柄アイテムは、iPhoneケースやスケートボードのデッキなど、さまざまなアイテムが展開されています。注目は、総柄生地を使用したぬいぐるみ。柄ゆきが1つずつ異なるので、自分のお気に入りの顔のピカチュウを探すのも楽しそうです。

 このほかに6階の「CYBERSPACE SHIBUYA」には、「CAPCOM STORE TOKYO」「刀剣乱舞万屋本舗」「JUMP SHOP」などが出店しています。

1/3ページ

最終更新:11/21(木) 19:05
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事