ここから本文です

娘に「実はわたし、プリキュアなの」と言われたとき 親はどう振る舞うべきか?

11/21(木) 18:00配信

ねとらぼ

 「実は、わたしプリキュアなの」

 娘や息子にそう告白されたとき、親としてどう振る舞うべきなのでしょうか? 悩みますよね。

【画像】まどかの父・冬貴は内閣府宇宙開発特別捜査局の局長

 仮にあなたにそんな日が来たときのため、子どもに「実は、わたしはプリキュアなの」と告白されたときどうするべきなのかを調べてみました。いろいろ調べてみた結果、何とその答えは「内閣府」にあったのです。

第40話はスタプリ屈指の神回

 「スター☆トゥインクルプリキュア」も11月に入り、いよいよ後半戦に突入しました。あと9話しかないと思うと寂しくなりますよね。第40話「バレちゃった!?2年3組の宇宙人☆」では、ついに羽衣ララが宇宙人であること、そして星名ひかるたち5人がプリキュアであることがクラスメイトに知られてしまう衝撃の展開となりました。

 「異星人とか、地球人とか関係ないよ! だって! ララは……ララだもん」のセリフに心打たれたファンも多かったのではないでしょうか。

 これで「宇宙人とプリキュアの秘密」は観星中学2年3組の共通の秘密となり、彼らは運命共同体となりました。終盤に向け、このヒミツがどのように展開していくのか楽しみですよね。

 個人的には香久矢まどか(キュアセレーネ)が「尊敬する父親に黙ってプリキュア活動を続けていること」が、どのように着地していくのかに注目しています。

 「スター☆トゥインクルプリキュア」は言葉1つとっても、宇宙の星に住む生物を「宇宙人」「異星人」「サマーン星人」など主体により使い分け、その言葉1つ1つの表現方法にかなり気を使っている様子が伺えるところがすてきです。

「実はわたし、プリキュアなの」と娘に言われたら

 さて、香久矢まどかさんは、尊敬する父親に隠し事をしてプリキュア活動を続けています。

 真面目な彼女のことです。いつの日か「自分がプリキュアであること」を両親に明かす日が来るのかもしれません。それに、まどかさんじゃなくても、あなたの娘、息子が実はプリキュアの可能性だって否定はできません(よね?)。

 そこで、娘、息子を育てているお父さんお母さん。ある日、自分の子どもが「わたし、実はプリキュアなの」と告白してきたとき、どう対処するべきなのか。いざ、自分の娘に言われたときのことを考えていろいろと調べてみました。

 答えは、何と内閣府にありました(そういえば、香久矢まどかのお父さん、香久矢冬貴氏は「内閣府宇宙開発特別捜査局局長」でしたね)。

1/4ページ

最終更新:11/21(木) 18:26
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事