ここから本文です

スケートボード ストリートの東京五輪予選大会「ARK LEAGUE」2020年4月に開催決定!

11/21(木) 16:20配信

FINEPLAY

2019年11月21日(木)、神奈川県庁でARK LEAGUE 実行委員会(実行委員長:加藤亮)による記者会見が行われ、「ARK LEAGUE 2020」の開催が決定した。今大会ではBMX FLAT LANDとBREAKINの大会は行わず、 SKATE BOARD STREET競技のみの大会として実施される。

ARK LEAGUEは、2019年8月に国際オリンピック組織委員会(IOC)よりスケートボード競技における国際運営組織として認可を受ける“WORLD SKATE”から、2020年東京オリンピック・スケートボード競技(ストリート種目)の予選大会として承認。スケートボード競技のオリンピック代表選考大会としては、国内唯一のコンテストとなる。

オリンピック出場を懸けた世界大会となったことで、より一層注目が集まる令和初のARK LEAGUE。日本勢はもちろん、世界各国の強豪スケーターたちが“一発逆転”を狙って熾烈な戦いを繰り広げることだろう。

ARK LEAGUE 2020 開催概要

◆実施内容/SKATE BOARD [STREET] GLOBAL OLYMPIC QUALIFYING EVENT(スケートボード ストリート オリンピック予選イベント)
◆日程/2020年4月22日(水)、23日(木)、24日(金)、25日(土)、26日(日)
◆場所/神奈川県寒川町(寒川総合体育館シンコースポーツ寒川アリーナ)
◆主催/一般社団法人 ARK LEAGUE(代表理事:加藤亮)
◆企画・運営/ARK LEAGUE 実行委員会(実行委員長:加藤亮)
◆大会オーガナイザー/内野洋平
◆運営主管/WORLD SKATE
◆SPECIAL PARTNER/寒川町
◆後援/神奈川県
◆参加人数 最大 150 名(男性と女性を合わせた合計人数)
◆スケジュール
4月22日・23日 練習日
4月24日 第一予選
4月25日 第二予選・準々決勝
4月26日 準決勝・決勝

※参加人数、スケジュールは変更になる可能性があります。

1/2ページ

最終更新:11/21(木) 17:59
FINEPLAY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事