ここから本文です

東京にも「個人コンビニ」がまだあった!生き残りの秘訣はお弁当!?

2019/11/21(木) 13:09配信

メシ通

──雑誌は大手コンビニと同じように最新号が並んでいますね。

井口:でも、売れるのは写真週刊誌や漫画雑誌くらいだから、9月いっぱいで終わり。

──飲み物は、見慣れないものもありますね?

有名どころからそうでないものまで揃えてる。大手のコンビニだったら、メジャーなメーカーの看板商品は黙っていても入ってくるけれど、マイナーなメーカーの商品はなかなか置かせてもらえないんだ。

──そういえば、大きなコンビニは同じメーカーの商品ばかりですね……!

井口:だけどウチは自由に調達できるから、下位メーカーの商品も置いているよ。 中には「安ければ何でもいいから、お弁当にお茶を付けて欲しい」ってオーダーもある。そのときは有名でないメーカーの安いお茶を付けて、セットで600円などにして応えているんだ。
ウチの商品の7割ぐらいは市場で買ってきてるの。大手のコンビニの置く売れ筋ベスト3以外でも、お客さんが欲しい商品はあるじゃない? そういう安いものなんかを買うの。

──かゆいところに手が届く品揃えになっていますね。

井口:ちなみに、お菓子や雑貨はあまり売れないんだよね。ドラッグストアに行けばウチよりも安く売っているでしょう?

──そうか、価格競争になりますし。

井口:安さ勝負ではかなわないからね。

──そんな中で、強いて言えば売れているというものはありますか?

井口:全体的に売れてねえよ……(笑)

──(笑) 。昼どきに来たら繁盛しているように見えましたが……

井口:いまお客さんは昔の半分だから。マクドナルドもあるし、コンビニもいっぱいあるし、食べるところが多様化しちゃったからね。

コンビニって大変

──コンビニ経営で苦労することはなんですか?

井口:光熱費が高いよね。いまはLEDライトを使っていて電力会社も自由に選べるようになったから、ひと月20万円台まで下がったけど、前は30万円以上、1日1万円かかっていたからね。

──1日1万……? いちばんかかるのはなんですか?

井口:冷蔵庫はかかるね。あと調理器具とか。

2/5ページ

最終更新:2019/11/22(金) 11:18
メシ通

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事