ここから本文です

普段使えて災害時にも活躍する! 初心者も安心のキャンプ道具と時短キャンプ飯ベスト3

11/21(木) 18:01配信

テレ東プラス

日常とは違う景色や音を感じながらの食事は、何よりのぜいたくともいえる。そこで今回「テレ東プラス」では、ドラマのアウトドア監修を手がけたスタイリストの平健一さんに、簡単で仲間から一目置かれそうなキャンプ飯の作り方や、ひとりキャンプ初心者におすすめのキャンパー向け道具などについてアドバイスしていただいた。

──「ひとりキャンプ」が密かなブームになっています。初心者に向けて、揃えておきたいおすすめのキャンプ道具を3つ教えてください。

まずはランタンですね。「コールマン」の「2500 ノーススター」なら、ポンピングいらずで火もつけやすい。初心者にも扱いやすくお手頃です。ガスではなくLEDライトなら「ルーメナー2」でしょうか。携帯電話のような形で、4段階の明るさに変わります。防水・防塵でモバイルバッテリーの代わりにもなるので、被災時にも活用できます。

次に、イスにもこだわりたいですよね。1話で渋川清彦さん演じる男性が使っていた「カーミットチェア」がおすすめ。アメリカの手製の折りたたみイスで、小さくたたむことができるんです。もともとはバイクツーリングのための携帯イスで、最近では座面を自分たちの好みの布に張り替えるのが流行しています。

最後は焚火ポンチョ。焚火を囲んでいて、火の粉で服が破れてしまったという話をよく聞きます。「グリップスワニー」の「ファイアープルーフポンチョ」をダウンやフリースなどの上から羽織れば、火の粉が付いても燃え広がりません。どうしても後回しになりがちなアイテムですが、せっかく高価なダウンを着込んでいても穴が開いてしまったなんてことになったらシャレになりません。最近では他のメーカーも積極的に焚火ポンチョをリリースしているのでぜひチェックを!

誰もが一目置く“こなれキャンプ飯“ベスト3

──さて道具が揃ったところで、欠かせないのがドラマの重要なテーマでもある食事。簡単なのに周りから思わず感心されるようなキャンプ飯を教えていただきたいです。

はじめに材料について。地産地消じゃないですけど、地元の食材を使うと話題も増えて盛り上がります。その地域への貢献にもなるし、キャンプ場付近のスーパーなら地元の食材は必ずと言っていいほど販売されているので、ぜひ使ってみてください。

【おすすめ1 簡単タコス(写真中央)】
これは誰でも作れる“モテ飯“のひとつです(笑)。 直径20センチほどのトルティーヤも最近ではスーパーなどで手軽に購入できますし。塩、胡椒とシーズニングソースを振った牛豚の合いびき肉(普通のひき肉でも可)を炒め、そこにトマト缶とサルサソースを絡めて、レタスと一緒にトルティーヤで巻いて食べる。見栄えも良くて、周りにも喜ばれます。ひき肉が面倒な場合はソーセージでもOKです。

【おすすめ2 トマトとモッツァレラのバジルパスタ(写真下)】
オシャレ系ならコレ! サラダスパゲッティをゆでて、ジェノベーゼソースと半分に切ったミニトマト、手で小さくちぎったモッツァレラチーズをトッピングし、最後にバジルを散らして完成です。サラダスパゲティはゆで時間1分タイプのものがおすすめです。

1/2ページ

最終更新:11/21(木) 18:01
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事