ここから本文です

夏の余ったそうめんをリメイクする究極レシピ3選

11/21(木) 22:01配信

テレ東プラス

日本人といえば麺類が大好物! でも家で作るのはちょっと大変......という方も多いのではないでしょうか。そんなときの味方になってくれるのが、そうめんです。

「そうめんといえば、夏に冷やして食べる物というイメージが強いですが、実は季節を問わずに美味しい食べ方はいくらでもあるんです」

そう話してくれたのが、そうめん研究家の「ソーメン二郎」さん。今回はその研究成果の中から、とっておきのレシピを紹介していただきました。戸棚に残ってしまったそうめんを、この機会にぜひアレンジして食べてみてはいかがでしょうか。

1年中そうめんを楽しむキーワードは、「脱めんつゆ」!

高級そうめんの産地である奈良県で、三輪素麺の製麺所の家系に生まれたというソーメン二郎さん。その故郷では生産者が年々減り、そうめんが絶滅の危機にあるといいます。そこで、そうめんをより多くの人に食べてもらうべく、さまざまな食べ方を研究されているのだとか。

「そうめんは『夏の風物詩』というイメージが強いですが、例えば沖縄県では1年中そうめんが売れています。どうしてだかわかりますか?」

それは、単に沖縄県が1年中暖かいから......というわけではないようです。理由は調理法にあるのだとか。

「沖縄には『そうめんチャンプルー』という定番料理がありますよね。みんな、家で炒めたそうめんを1年中食べているんです」

確かに! なんとなく食べていたけれど、そうめんチャンプルーは沖縄料理店でも1年中、メニューに載っていますよね。でも、チャンプルー以外の食べ方は?

「そうめんをアレンジして楽しむキーワードは“脱めんつゆ“です。そうめんは小麦粉と塩、水だけでできているシンプルな食べ物なので、ほかの食材とも合わせやすく、アレンジが無数にできます。アレンジ次第でお弁当に入れたり、デザートにもできますよ。まずは『そうめんにはめんつゆ』という概念を捨てると、いろいろな食べ方が見えてくると思います」

冬の定番「にゅうめん」から、おかずの1品にも

まずは、ソーメン二郎さんが秋冬の食べ方として、オススメしていたのが「にゅうめん」でした。

「温かい汁で煮込んで食べるそうめん『にゅうめん』は、ラーメンよりもカロリー抑え目で罪悪感が少ないし、胃にも優しいので、お酒を飲んだ後の夜食に向いているんです。温かいめんつゆに入れて煮込むのもいいですが、茹でたそうめんにお茶漬けの素とお湯をかければ、さらっと食べられる汁そうめんができます」

確かにご飯をお茶漬けで食べるよりも、にゅうめんは消化に良さそうです。では、夕食の食卓に載せるなら、どんなものがあるでしょうか?

「食べやすいように短く折ったそうめんを、茹でずに豚汁に入れて煮てみてはどうでしょうか。青ネギや柚子コショウを添えるとおいしいですよ。いつもの豚汁が、少しグレードアップします」

あっさりしたおかずで、ボリュームが欲しい時にも良さそうなレシピですね。少し冷えてくる時期にはぴったりです。

1/2ページ

最終更新:11/21(木) 22:01
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事