ここから本文です

名手スナイデルが驚異的と語る、最も上手かったチームメートとは?「彼とは3カ月話さなかったが…」

11/21(木) 18:03配信

GOAL

「グティは驚異的だった」

元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル氏が、レアル・マドリー時代に同僚だった元スペイン代表MFグティ氏について語った。

スナイデル氏は、2007年にアヤックスからレアル・マドリーに移籍。マドリーでは2シーズンを過ごし、初年度にはリーガ・エスパニョーラ優勝を経験した。オランダ代表でも、歴代最多の134キャップを保持するスナイデル氏。そのキャリアで、ラウール・ゴンサレスやルート・ファン・ニステルローイ、ロビン・ファン・ペルシ、アリエン・ロッベンらと共にプレーしてきたスナイデル氏が、過去のチームメートの中で「ベスト」と指名したのはグティ氏だった。『Fox Sports』で以下のように話している。

「私はレアル・マドリーに加わってすぐにレギュラーになった。そしてグティは、私の加入によりベンチに行くこともあった。だから、彼は3カ月くらい私と喋らなかった」

「だが少しして、私とグティは共にプレーするようになっていった。彼とは素晴らしい連係を築くことができたよ。お互いを見なくても、どこにポジションを取るかがわかった」

「彼は驚異的な選手だった。たぶん、私が一緒にプレーした中で最高の選手だったよ。私にとって彼は本当に印象的な選手だったんだ」

レアル・マドリーのユース出身だったグティ氏は、15シーズンにわたって同クラブの主力として活躍。中盤から前線まであらゆるポジションでプレーできるユーティリティな選手で、卓越した左足のテクニックを活かしたエレガントなプレースタイルに多くのファンが魅了された。2012年に引退してからは指導者のキャリアを歩んでおり、今年11月にはスペイン2部に所属するアルメリアの指揮官に就任している。

最終更新:11/21(木) 22:26
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事