ここから本文です

マンチェスター・UがローマFWジェコに照準…元マン・CのFWがかつてのライバルへ?

11/21(木) 22:32配信

GOAL

かつてマンチェスター・シティでプレーしたストライカーが、マンチェスター・ユナイテッドでプレーすることになるかもしれない。

マンチェスター・Uは夏の移籍市場でロメル・ルカク、アレクシス・サンチェスとFW陣を放出したことから、前線の陣容に不安を抱えている。そこでオーレ・グンナー・スールシャール監督は1月の移籍市場で新たなFWの獲得を画策しているという。

そのターゲットとなっているのが、ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコだと『ESPN』が伝えている。

これまではユヴェントスで構想外になっているマリオ・マンジュキッチもマンチェスター・Uの候補と言われていたが、同選手には中東行きの話があるうえ、実戦からも遠ざかっていることから、ジェコ獲得に向けて本腰を入れているという。

だがジェコは今年8月に2022年までローマとの契約を延長したばかり。復活を目指すイングランドの名門は、高額な契約解除金を支払ってでもボスニア代表FWを獲得するのだろうか。引き続き、その動向が注目される。

最終更新:11/21(木) 22:32
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事