ここから本文です

[競馬]ダートG1で2勝 ウイングアロー死す

11/21(木) 14:09配信

中日スポーツ

 第1回のジャパンCダート(現チャンピオンズC)を勝つなどダートG1、2勝を含むダート重賞を8勝したウイングアローが21日、けい養先の青森県東北町のフォレブルーで死んだ。24歳だった。フォレブルーの関係者によると、眠るように馬房に横たわって死んでいたという。

 同馬は1998年1月に栗東・工藤嘉見厩舎からデビュー。ダート路線を歩み、同年7月の交流重賞・名古屋優駿で重賞初勝利を挙げ、そこから重賞4連勝で最優秀ダートホースに選ばれた。2000年にはフェブラリーSでG1初制覇を果たし、さらにジャパンCダートを勝ち、2回目の最優秀ダートホースに選ばれた。現役引退後は種牡馬となり、地方競馬で活躍した産駒はいたが、中央競馬で大活躍した産駒はいなかった。通算成績は30戦11勝(うち地方13戦6勝、重賞8勝)。

最終更新:11/21(木) 18:51
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事