ここから本文です

冬を乗り切る!「月別」おすすめのファッションコーデ

11/21(木) 20:45配信

All About

◆冬を乗り切る5カ月間のアイテムカレンダー

急に寒い日があったりすると、つい防寒、厚着をしたくなるけれど、ちょっと待って! 11月の今から真冬仕様になってしまうと、春までの5カ月、途中で着る服がなくなってしまうかも!?

そこで、この記事ではこの先5カ月、いつものコーデにいつ、どんなアイテムを投入すればいいか考えてみました。ぜひチェックしてみてくださいね。

◆11月から着るといいもの
▼ニットベスト

今季たくさん出ている「ニットベスト」は、足すだけでおしゃれ度がアップするトレンドアイテム。今はオーバーサイズをゆるっと着るのが人気です。暖かさはアップしますが袖がないのですっきり着られて上からアウターも羽織りやすく、とっても機能的です。

ニットベストはもともとトラッドなイメージの強いアイテムなので、大人の女性にも合う落ち着いた雰囲気なのが◎。面積が少ない分、セーターよりも安く手に入るのでトライしやすいのも嬉しいポイントです。

▼ショート丈のアウター

11月はまだ寒すぎないので、ショート丈アウターがおすすめです。アラフォー女性がよくはくワイドパンツやロングスカートともバランスがよく、スタイルアップして見えるので、この時期は積極的に取り入れたいですよね。

アメリカ海軍のユニフォームをベースにしたCPOジャケットやショート丈のPコートなども可愛いですが、ノーカラーで、薄手の中綿ジャケットやインナーダウンタイプのショート丈アウターも一押し。着心地も軽やかで、もっと寒くなったらコートの下にも着こめるので、かなり着回すことができます。

◆12月から着るといいもの

風が冷たくなる12月は、そろそろロングコートの出番。冬らしいバランスのおしゃれになるので、季節感もばっちりです。朝晩もぐっと冷え込みますが、一番外側のアウターがロング丈ならすきま風も入らず、暖かさもキープできます。

寒い時はマフラーやスヌードをプラスすると、首元を温めながらアクセントにもなるのでおすすめです。

また、ロングコートは素材によっても暖かさが変わるので要注意。ウール100%なら真冬でもOKな防寒性がありますが、ポリエステル製だと寒い日には頼りないかも。素材によっての微調整は必要かもしれません。

そして、天候に合わせつつ、中に着るニットの色味をホリデームードに合わせて赤っぽくしてみたり、シャツやベストとの重ね着でアレンジしていくと、まだまだ続く冬コーデも飽きずに楽しめます。

1/2ページ

最終更新:11/21(木) 20:45
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事